[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「月経の話」はタブーの日本 五輪選手と産婦人科医が「女性と思春期」の今を考える

産婦人科ではここ10年ほどで女性の健康を予防医学の観点から考えようという動きが出てきたという【写真:編集部】
産婦人科ではここ10年ほどで女性の健康を予防医学の観点から考えようという動きが出てきたという【写真:編集部】

世の中が「月経の話」をタブー視しすぎている現状

江夏「水泳のようにある程度、体重、体脂肪がある競技は月経が止まりにくいですね。BMI(肥満度を示す体格指数)で『17.5』を下回ると過半数の人で月経が止まると言われています。一方、月経が止まらない場合、月経痛はもちろん、PMS(月経前症候群)といって、月経前の1~2週間イライラしたり、体がむくんだり、食欲が増えたり、気分が落ち込んだり……という体調不良が続くなど、一般女性と同じようにスポーツ選手も悩んでいると、だんだん分かってきました。

 産婦人科自体もこれまでは妊娠・出産を扱う産科、子宮や卵巣の腫瘍、そして不妊治療を3本柱として扱ってきました。ここ10年ほどで“第4の柱”として『女性ヘルスケア』といって女性の健康を予防医学の観点から考えようという動きがようやく出てきました。そこに東京五輪開催が決まったことも追い風になり、女性アスリートがそんなに困っているなら何とかしなきゃ、という動きが出てきたのです。だから、それまでは選手がどんなに悩んで病院に行っても『そんなに走れば止まるよね』で話が終わっていたんです。そして、一般的に月経痛で受診するという感覚もなかった。

 さすがに無月経になると受診する選手は結構いたのですが、ホルモン剤を使って治療しようと処方しても、所属チームに帰ったら『ホルモン剤は使うな』と指導者に言われて受診が途絶えたりして、どうしたらいいんだ……という状態が続いてきました。ただ、日本水泳連盟では比較的早く、2000年頃からコーチ研修会などで対応の必要性について話をさせてもらっていました」

伊藤「でも、当時は興味のある選手だけがやる、という感じでしたよね」

江夏「講習会で話を聞いたコーチが、チームに戻って選手のコンディショニングのために月経の状態を把握しようとしたら『セクハラだ』と保護者から校長室に怒鳴り込まれたとも聞きました。未だにそういう感覚はありますね。世の中自体が月経の話をタブー視しすぎていて、その延長上にスポーツもある感じ。一気に動き始めたところで声を上げてくれる選手が出始めました。伊藤さんもその一人です」

――伊藤さんは現役時代、競技をするなかで月経の話題がタブー視されると感じていましたか。

伊藤「水泳はちょっと特殊かもしれないですね。常に男女一緒に練習する競技性もあり、互いに月経のことを除いても、調子の良い悪いはチーム内ですごく敏感になります。だから、男子選手も知らず知らずのうちに、私の月経の日を知るということもありました。イライラしているから話しかけちゃいけないとかあったみたいで。私自身も話しちゃいけないとは思わないタイプなので、チーム内でもオープンに言っていました。

 ただ、女子選手だけ、男子選手だけと分かれている競技となると異性に対する免疫がなくて、常に女性はかわいいもの、男性は頼りになるものという感覚が生まれてしまいます。一緒にいればいるほど、イメージと違うことが分かってくる。小さい時からずっと男女一緒に練習を行っているのが水泳だから。あまり言ってはいけないと思っていなかった、というのは育ちのなかでありますね」

1 2 3 4 5 6 7

伊藤 華英

 日本代表選手として2012年ロンドン五輪まで日本競泳会に貢献。2004年アテネ五輪出場確実と騒がれたが、選考会で実力を発揮できず、出場を逃す。水泳が心底好きという気持ちと、五輪にどうしても行きたいという強い気持ちで、2008年女子100m背泳ぎ日本記録を樹立し、初めて五輪代表選手となる。

 その後、メダル獲得を目標にロンドン五輪を目指すが、怪我により2009年に背泳ぎから自由形に転向。自由形の日本代表選手として、世界選手権・アジア大会での数々のメダル獲得を経て、2012年ロンドン五輪・自由形の代表選手となる。2012年10月の岐阜国体を最後に現役引退。

 引退後、ピラティスの資格取得とともに、水泳とピラティスの素晴らしさを多くの人に伝えたいと活動中。また、スポーツ界の環境保全を啓発・実践する「JOCオリンピック・ムーヴメントアンバサダー」としても活動中。

江夏 亜希子

1970年、宮崎・都城市生まれ。96年に鳥取大学卒業後、鳥取大学産婦人科に入局。鳥取大学医学部附属病院、公立八鹿病院(兵庫県)、国立米子病院(現・米子医療センター)などの勤務を経て、04年に上京。汐留第2セントラルクリニック、イーク丸の内、ウィミンズウェルネス銀座クリニックにて女性外来での診療を経験する傍ら、東京大学大学院身体教育学研究科にてスポーツ医学を学び、10年4月に東京都中央区に四季レディースクリニックを開院。日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医、日本スポーツ協会公認スポーツドクターなど。日本エンドメトリオーシス学会、日本性感染症学会、日本臨床スポーツ医学会にも所属する。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集