[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • 女子とスポーツ
  • なぜ、競技にピルは広まらないのか 女子選手が知るべき「服用のメリットとリスク」

なぜ、競技にピルは広まらないのか 女子選手が知るべき「服用のメリットとリスク」

男子選手とは異なる悩みを抱える女子アスリートの体について考える「THE ANSWER」の連載「私とカラダ」。今回は元競泳日本代表で五輪に2度出場した伊藤華英さんが登場し、日本体育協会公認スポーツドクターの産婦人科医・江夏亜希子氏(四季レディースクリニック院長)と対談。アスリートと医師という異なる立場から、月経との付き合い方、ピルの服用の是非など、競技に打ち込む女性に起こる問題について話してもらった。全3回にわたる第2回は「ピル服用のメリット、デメリット」について聞いた。

月経と付き合う上で、対処法の一つとしてピルの服用が挙げられる【写真:photolibrary】
月経と付き合う上で、対処法の一つとしてピルの服用が挙げられる【写真:photolibrary】

元競泳代表・伊藤華英さんと産婦人科医・江夏亜希子氏が語る「女性の体」問題/第2回

 男子選手とは異なる悩みを抱える女子アスリートの体について考える「THE ANSWER」の連載「私とカラダ」。今回は元競泳日本代表で五輪に2度出場した伊藤華英さんが登場し、日本体育協会公認スポーツドクターの産婦人科医・江夏亜希子氏(四季レディースクリニック院長)と対談。アスリートと医師という異なる立場から、月経との付き合い方、ピルの服用の是非など、競技に打ち込む女性に起こる問題について話してもらった。全3回にわたる第2回は「ピル服用のメリット、デメリット」について聞いた。

【第1回】「月経の話」はタブーの日本 元五輪選手と産婦人科医が「女性と思春期」の今を考える
【第3回】「月経は来ない方がいい」という風潮 女子選手は女性を捨てなければ勝てないのか

 伊藤さんは北京五輪で月経が重なった経験を持つ。当時の話は昨年に自身のコラムでもつづり、反響を呼んだ。東京五輪組織委員会に務める傍ら、スポーツ庁、東京都で指導者、保護者などを対象に「女子選手と思春期」をテーマに講演も行っている。一方、江夏氏は自身も大学時代まで水泳に打ち込み、02年から競泳日本代表のチームドクターを担当。女子選手と体のサポートを手がけてきた。伊藤さんとは代表チームで出会い、現在もかかりつけ医として親交がある。そんな2人が明かした、スポーツ界における女性問題の現状とは――。

 ◇ ◇ ◇

――月経と付き合う上で、対処法の一つとしてピルの服用が挙げられますが、なかなか広まっていない印象です。その背景にはどんな理由があるのでしょうか。

江夏「月経をずらしたり、調子を整えたりできる。ピルも日々進化しているのに、日本の文化が進化に付いていっていないんです。しかも、ピルが海外で出てきたのは1950年くらい。低用量ピルは1970年代からあるんです」

伊藤「えっ、そんなに前からあるんですか? 全然、知らなかったです」

江夏「驚きですよね。日本に低用量ピルが入ってきたのは1999年。だから、30年遅れにもなる。それが、今ではさらに超低用量になっているのに、本来、昔、中用量ピルを使って気持ち悪くなった年代の人が『あなた、あんな薬使わない方がいいわよ』ってアドバイスしたりする。どうしても、噂は怖いことの方が広がるから、『使って良かったよ』という話より、『こんな怖い目に遭った』という話の方が広がってしまう。体に悪いんじゃないかという抵抗感の方が先に来ちゃうんです」

伊藤「ホント、そうですね。ドイツで育った私の友人の選手は15歳から使っていて、当時は『使ってない意味がわからない、日本って変だね』とびっくりされました」

江夏「変なことにすら気づかされていないのかも、とも思います。海外から遅れていることに全然、気づけない。産婦人科医ですら気づいていない先生もいると思います」

伊藤「ジェンダーの問題はあるけど、男と女しかいないなかで、お互いになぜ体のことをあまり知らないのかなと思います。女性もあるように男性もいろいろある。悪いことじゃないんだけどな、と私は思うんですが、私が書いた記事も、『良かった』という反響がすごくありました。いまどきの日本って嫌なものはフタをするところがあるから。もっと楽にできると思います」

1 2 3 4

伊藤 華英

 日本代表選手として2012年ロンドン五輪まで日本競泳会に貢献。2004年アテネ五輪出場確実と騒がれたが、選考会で実力を発揮できず、出場を逃す。水泳が心底好きという気持ちと、五輪にどうしても行きたいという強い気持ちで、2008年女子100m背泳ぎ日本記録を樹立し、初めて五輪代表選手となる。

 その後、メダル獲得を目標にロンドン五輪を目指すが、怪我により2009年に背泳ぎから自由形に転向。自由形の日本代表選手として、世界選手権・アジア大会での数々のメダル獲得を経て、2012年ロンドン五輪・自由形の代表選手となる。2012年10月の岐阜国体を最後に現役引退。

 引退後、ピラティスの資格取得とともに、水泳とピラティスの素晴らしさを多くの人に伝えたいと活動中。また、スポーツ界の環境保全を啓発・実践する「JOCオリンピック・ムーヴメントアンバサダー」としても活動中。

江夏 亜希子

1970年、宮崎・都城市生まれ。96年に鳥取大学卒業後、鳥取大学産婦人科に入局。鳥取大学医学部附属病院、公立八鹿病院(兵庫県)、国立米子病院(現・米子医療センター)などの勤務を経て、04年に上京。汐留第2セントラルクリニック、イーク丸の内、ウィミンズウェルネス銀座クリニックにて女性外来での診療を経験する傍ら、東京大学大学院身体教育学研究科にてスポーツ医学を学び、10年4月に東京都中央区に四季レディースクリニックを開院。日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医、日本スポーツ協会公認スポーツドクターなど。日本エンドメトリオーシス学会、日本性感染症学会、日本臨床スポーツ医学会にも所属する。

DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー