[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

肉体改造の「3日坊主」を卒業する方法 本気で変わるなら「パブロフの犬」になれ

「THE ANSWER」の連載「骨格筋評論家・バズーカ岡田の『最強の筋肉ゼミ』」。現役ボディビルダーであり、「バズーカ岡田」の異名でメディアでも活躍する岡田隆氏(日体大准教授)が日本の男女の“ボディメイクの悩み”に熱くお答えする。39限目のお題は「肉体改造の『3日坊主』」について。

今年こそはジム! でも、長続きしなそう…どうすれば「3日坊主」を卒業できる?
今年こそはジム! でも、長続きしなそう…どうすれば「3日坊主」を卒業できる?

連載「骨格筋評論家・バズーカ岡田の『最強の筋肉ゼミ』39限目」

「THE ANSWER」の連載「骨格筋評論家・バズーカ岡田の『最強の筋肉ゼミ』」。現役ボディビルダーであり、「バズーカ岡田」の異名でメディアでも活躍する岡田隆氏(日体大准教授)が日本の男女の“ボディメイクの悩み”に熱くお答えする。39限目のお題は「肉体改造の『3日坊主』」について。

 ◇ ◇ ◇

 Q.毎年、年頭に肉体改造を誓うものの、ジムに入会したり、家トレを始めたりしても長続きしません。どうすれば「3日坊主」を卒業できますか?

 私はトレーニングが大好きなので、3日坊主なる経験は過去に一度もありません。むしろ「習慣にするな!」と言われる方がツラい。正直、「続かないかな~」と考える時間さえもったいなく、そう考え始める瞬間にはトレーニングを始めていたいです(笑)。

 それはさておき、私たちトレーニーの大多数は、何も習慣化したくてトレーニングを続けているわけではありません。私の周りのボディビルダーたちを見て感じるのは、皆、筋肉の変化をすごく楽しんでいる、ということです。

 私がバーベルを使ったトレーニングを始めたは15、16歳ですから、もう25年ぐらいは続けています。しかし、いまだにトレーニング方法を模索していますし、日々、楽しい。「こういう風に動かしたらここの筋肉が動くんだな」という発見は尽きないですし、狙ったエリアの筋肉に刺激が入り、「あ、動いた!」と感じるだけでめちゃめちゃ楽しい。しかも、トレが終わった後、「入った」と感じた筋肉がちゃんとパンプアップしている。たった1回のトレーニングでも確実に変化を感じるので、うれしいのです。

 つまり私たちが向き合っているのは、いかに新しい感覚を得られるか、課題にしていたものをクリアできるかであって、「この重りを10回×3セット上げる」という義務感ではありません。そして、新たな気づきを得たり、トレーニングがイメージ通りに体にハマったりすると、「これを次回もやりたいな」と、次が待ち遠しくなる。ですから、3日坊主にはなり得ないのです。

 以上を経験だけでなく、脳の機能からも説明しましょう。トレーニングで成果を得られると、脳はそれを「報酬」だと感じ、達成感を得られます。すると脳が喜ぶので、次のトレーニングに向かう動機になる。「パブロフの犬」状態のできあがりです。一方、結果が出ないトレーニングを続けていれば、その逆のことが起こります。「努力のわりに対価が見合わないな」と脳が判断し、やる気がそがれてしまいます。ただひたすら重りと向き合うだけでは、おそらく私でもツラくなるでしょう。

1 2 3

岡田 隆

1980年、愛知県生まれ。日体大准教授、柔道全日本男子チーム体力強化部門長、理学療法士。16年リオデジャネイロ五輪では、柔道7階級のメダル制覇に貢献。大学で教鞭を執りつつ、骨格筋評論家として「バズーカ岡田」の異名でテレビ、雑誌などメディアでも活躍。トレーニング科学からボディメーク、健康、ダイエットなど幅広いテーマで情報を発信する。また、現役ボディビルダーでもあり、2016年に日本社会人ボディビル選手権大会で優勝。「つけたいところに最速で筋肉をつける技術」「HIIT 体脂肪が落ちる最強トレーニング」(ともにサンマーク出版)他、著書多数。バズーカ岡田公式サイトhttps://bazooka-okada.jp/

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集