[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

肉体改造の「3日坊主」を卒業する方法 本気で変わるなら「パブロフの犬」になれ

本気で変わりたいと思うなら「パブロフの犬」になれ

 トレーニングを始めた頃は、全身、隙間だらけです。むしろ何をやっても効果が出やすい、いわばイージーモード。超基本的な種目で普通にトレーニングする方が間違いなく結果が出ますし、結果的にモチベーションも上がり、継続したくなります。

 それでも苦しいな、ツラいなと思った時は、誰かと一緒にトレーニングをするといいと思います。私も大会に向かって苦しいトレーニングが続く時は、教え子と一緒にやる約束をとりつけます。そうすると、「今日はトレーニングしなくてもいいか」と簡単にはサボれないし、相手がいると思うとやる気も出る。この方法は結構、おすすめです。

 それでも続かない人は、本心では今の自分をあまり変えたいと思っていないのではないでしょうか。例えば、病気を治したければ、絶対に治療を続けますよね? それと同じ話だと思うのです。であれば、きっと今はまだ、取り組む時期ではないので、別にトレーニングをやらなくてもいいんじゃないでしょうか。3日坊主であることに罪悪感を持つ方が、心身にとってマイナスだと思いますよ。

 結局、大事なのは「楽しい」「好き」という気持ちです。ということで、3日坊主で終わりたくない、本気で変わりたいと思うなら、根性で乗り切るよりも自分なりの楽しさを見出し、「パブロフの犬」になることです!

(長島 恭子 / Kyoko Nagashima)

1 2 3

岡田 隆

1980年、愛知県生まれ。日体大准教授、柔道全日本男子チーム体力強化部門長、理学療法士。16年リオデジャネイロ五輪では、柔道7階級のメダル制覇に貢献。大学で教鞭を執りつつ、骨格筋評論家として「バズーカ岡田」の異名でテレビ、雑誌などメディアでも活躍。トレーニング科学からボディメーク、健康、ダイエットなど幅広いテーマで情報を発信する。また、現役ボディビルダーでもあり、2016年に日本社会人ボディビル選手権大会で優勝。「つけたいところに最速で筋肉をつける技術」「HIIT 体脂肪が落ちる最強トレーニング」(ともにサンマーク出版)他、著書多数。バズーカ岡田公式サイトhttps://bazooka-okada.jp/

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビュー記事、健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌で編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(中野ジェームズ修一著)など。

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集