[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ノニト・ドネアの記事一覧

  • 井上尚弥のクリンチ「初めて見た」 大橋会長が「俺は面白くない」試合で感じた成長

    2019.11.08

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム決勝が7日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBA・IBF王者の井上尚弥(大橋)がWBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)に3-0の判定勝ち(114-113、116-111、117-109)。バンタム級頂上決戦を制し、WBSS優勝を果たした。2万2000人の観衆を沸かせた死闘だったが、陣営の大橋秀行会長は「俺は面白くなかった」と苦笑いしていた。

  • 井上尚弥が腫れた右目で… ドネアとの“激闘舞台裏2S”に反響「涙が出る寸前だった」

    2019.11.08

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム決勝は7日、WBA&IBF王者の井上尚弥(大橋)がWBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ち、優勝を達成した。日本ボクシング史に刻まれる名勝負を演じた2人は試合後のロッカールームで対面。互いに腫れた顔で納まった“舞台裏2ショット”をWBSSが公開し、「凄い戦いだった」「ベストショットだ」「私は涙が出る寸前だった」と海外ファンの反響が集まっている。

  • 「井上にとって初の本物の戦いに…」 ドネア陣営、井上尚弥との伝説名勝負を称賛

    2019.11.08

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム決勝は7日、WBA&IBF王者の井上尚弥(大橋)がWBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ち、優勝を達成した。戦前の井上圧勝予想を覆し、モンスターを追い詰めたドネアのプロモーターを務めるリチャード・シェーファー氏は「THE ANSWER」の単独取材に応じ、健在ぶりを示した36歳のフィリピンの閃光を称賛。「イノウエにとっては初めての本物のファイトになった」と試練を突きつけたと高く評価している。

  • 井上尚弥の死闘V 敵地メディアも称賛「熟練の職人のよう」「積極性でドネア圧倒」

    2019.11.08

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム決勝が7日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBA・IBF王者の井上尚弥(大橋)がWBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ち。バンタム級頂上決戦を制し、WBSS優勝を果たした。敗れたドネアの地元メディアも「熟練の職人のよう」などと称えている。

  • 井上尚弥、勝負の分かれ目は? ジャッジ3人の採点に見る、全12ラウンドの趨勢

    2019.11.08

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム決勝が7日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBA・IBF王者の井上尚弥(大橋)がWBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ち。「世代交代」を宣言したバンタム級頂上決戦を制し、WBSS優勝を果たした。3-0の判定となったが、1人のジャッジはわずか1ポイント差。どのように採点したのか、振り返る。

  • 井上尚弥、“捨てた”中盤に光るクレバーさ ドネアの強さ引き出した上で勝つ凄み

    2019.11.08

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム決勝が7日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBA・IBF王者の井上尚弥(大橋)がWBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ち。「世代交代」を宣言したバンタム級頂上決戦を制し、WBSS優勝を果たした。右目の瞼の上を切り、流血というアクシデントに見舞われながらの勝利。3年ぶりの判定勝ちとなったが、井上のまた別の凄さが際立った頂上決戦となった。

  • 井上尚弥を追い詰めた ドネアの奮闘に米記者感銘「選手として最も素晴らしい瞬間」

    2019.11.08

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム決勝が7日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBA・IBF王者の井上尚弥(大橋)がWBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ち。バンタム級頂上決戦を制し、WBSS優勝を果たした。ドネアは王座陥落したものの、井上を追い詰める戦いぶり。米記者から感銘を受けた声が上がっている。

  • 【会見一問一答】井上尚弥、ドネアとの死闘は「甘い世界じゃない。キャリアで1番の経験」

    2019.11.08

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム決勝が7日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBA・IBF王者の井上尚弥(大橋)がWBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ち。「世代交代」を宣言したバンタム級頂上決戦を制し、WBSS優勝を果たした。WBA正規王座の3度目の防衛とともにスーパー王者に昇格。IBF王座は初防衛となり、日本人初の2つのベルトの同時防衛に成功した。

  • 井上尚弥、「トップランク」と複数年契約発表 今後2試合は米国での試合内定

    2019.11.07

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム決勝が7日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBA・IBF王者の井上尚弥(大橋)がWBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ち。「世代交代」を宣言したバンタム級頂上決戦を制し、WBSS優勝を果たした。WBA正規王座の3度目の防衛とともにスーパー王者に昇格。IBF王座は初防衛となり、日本人初の2つのベルトの同時防衛に成功した。試合後には米興行大手のトップランク社との契約を電撃発表した。

  • 井上尚弥、死闘ゴング後の“笑顔の抱擁”に感動の反響「これぞスポーツマンシップ」

    2019.11.07

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム決勝が7日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBA・IBF王者の井上尚弥(大橋)がWBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ち。バンタム級頂上決戦を制し、WBSS優勝を果たした。終了のゴング後は互いに抱擁。感動的なシーンにネット上も反響が巻き起こった。

  • 井上尚弥に著名人も大興奮 ラグビー日本代表も感激「一番尊敬するアスリート」

    2019.11.07

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム決勝が7日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBA・IBF王者の井上尚弥(大橋)がWBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ち。「世代交代」を宣言したバンタム級頂上決戦を制し、WBSS優勝を果たした。WBA正規王座の3度目の防衛とともにスーパー王者に昇格。IBF王座は初防衛となり、日本人初の2つのベルトの同時防衛に成功した。

  • ドネア、敗戦後は病院行き 井上尚弥に賛辞「自分のパンチあれだけ耐えた選手いない」

    2019.11.07

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム決勝が7日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBA・IBF王者の井上尚弥(大橋)がWBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ち。「世代交代」を宣言したバンタム級頂上決戦を制し、WBSS優勝を果たした。WBA正規王座の3度目の防衛とともにスーパー王者に昇格。IBF王座は初防衛となり、日本人初の2つのベルトの同時防衛に成功した。

  • 井上尚弥「2Rからドネアが2人に見えた」 血染めの死闘でWBSS制覇「最大の誇りです」

    2019.11.07

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム決勝が7日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBA・IBF王者の井上尚弥(大橋)がWBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ち。「世代交代」を宣言したバンタム級頂上決戦を制し、WBSS優勝を果たした。WBA正規王座の3度目の防衛とともにスーパー王者に昇格。IBF王座は初防衛となり、日本人初の2つのベルトの同時防衛に成功した。

  • 井上尚弥、判定勝ちでWBSS制覇! バンタム級世界一達成、流血の死闘でドネア撃破

    2019.11.07

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム決勝が7日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBA・IBF王者の井上尚弥(大橋)がWBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ち。「世代交代」を宣言したバンタム級頂上決戦を制し、WBSS優勝を果たした。WBA正規王座の3度目の防衛とともにスーパー王者に昇格。IBF王座は初防衛となり、日本人初の2つのベルトの同時防衛に成功した。

  • 井上尚弥、ドネアと「世代交代」なるか 注目は第1R、ゴング後にわかる両者の選択肢

    2019.11.07

    ボクシングのWBA・IBF世界バンタム王者・井上尚弥(大橋)が、7日にさいたまスーパーアリーナで世界5階級王者ノニト・ドネア(フィリピン)とワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝で戦う。勝つのは飛ぶ鳥を落とす勢いのモンスターか、数々の衝撃KOを生んだ百戦錬磨のフィリピンの閃光か。最強の称号を懸けたビッグマッチは、第1ラウンドの両者の出方から注目が集まる。

  • ドネアのカウンター警戒 井上尚弥陣営、大橋会長はKO決着断言「判定はあり得ない」

    2019.11.06

    11月7日にさいたまスーパーアリーナで行われるボクシング・ダブル世界戦の前日計量が6日、都内のホテルで行われた。ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級(53.5キロ以下)決勝では、WBA・IBF王者の井上尚弥(大橋)が53.5キロ、WBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)が53.3キロで一発クリア。軽量級の“新旧スター対決”はいよいよゴングを迎えるだけとなった。井上有利が予想されているが、大橋会長は改めてドネアを警戒。「判定はあり得ない」とKO決着を断言した。

  • ドネア、計量後はラーメンで5キロ増計画 井上尚弥には「特に何も感じなかった」

    2019.11.06

    11月7日にさいたまスーパーアリーナで行われるボクシング・ダブル世界戦の前日計量が6日、都内のホテルで行われた。ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級(53.5キロ以下)決勝では、WBA・IBF王者の井上尚弥(大橋)が53.5キロ、WBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)が53.3キロで一発クリア。壇上では恒例のフェイスオフが行われたが、ドネアは「何も感じなかった」と冷静だった。

  • ドネア、計量楽々クリア “格下扱い”にも余裕「他人が何を言うかは気にしていない」

    2019.11.06

    11月7日にさいたまスーパーアリーナで行われるボクシング・ダブル世界戦の前日計量が6日、都内のホテルで行われた。ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級(53.5キロ以下)決勝では、WBA・IBF王者の井上尚弥(大橋)が53.5キロ、WBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)が53.3キロで一発クリア。軽量級の“新旧スター対決”の準備が整った。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集