[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なぜ井上尚弥の右目を狙わなかったのか ドネアが決勝を回想「古いかもしれないが…」

ボクシングの元5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)はワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)の決勝で井上尚弥(大橋)に敗れ、準優勝に終わった。戦前の井上の圧倒的有利予想を覆し、判定までもつれる死闘を演じた“フィリピンの閃光”。権威ある米専門誌「リング」のインタビューで、改めて頂上決戦を振り返り、井上のパンチを絶賛。一方で自身が傷口を狙わなかったことには「正々堂々戦いたかった」と武士道精神を語っている。

ノニト・ドネア【写真:Getty images】
ノニト・ドネア【写真:Getty images】

リング誌インタビューに登場、井上は「すごいパワーを持っているよ」

 ボクシングの元5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)はワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)の決勝で井上尚弥(大橋)に敗れ、準優勝に終わった。戦前の井上の圧倒的有利予想を覆し、判定までもつれる死闘を演じた“フィリピンの閃光”。権威ある米専門誌「リング」のインタビューで、改めて頂上決戦を振り返り、井上のパンチを絶賛。一方で自身が傷口を狙わなかったことには「正々堂々戦いたかった」と武士道精神を語っている。

【特集】若き天才ジャンパーはなぜ飛躍したのか 快挙の裏にあったメンタルの成長 / 男子スキージャンプ・小林陵侑インタビュー(GROWINGへ)

 激しい打ち合い、死闘の末に12ラウンド判定負けを喫したフィリピンの英雄。11回にダウンを喫したが、最後まで激しく拳をぶつけ合った頂上決戦は年間最優秀試合との声も上がった。

 36歳(現在は37歳)にして健在ぶりを示したドネアは、リング誌のインタビューでモンスター戦を振り返っている。

 まずレポーターから井上のパワーについて問われたドネアは「彼はすごいパワーを持っているよ。沢山の相手を彼はワンパンチで倒せる。だけど僕はいつもタフガイだ。いくら殴られても起き上がるよ。自分のパンチを受けられる体をありがたく思っているよ。彼の猛攻をね。だが、彼は言った通り素早いパワーを持っている」と絶賛しつつも、最後まで立ち続けた自身のタフネスぶりも自賛している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集