[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なぜ井上尚弥の右目を狙わなかったのか ドネアが決勝を回想「古いかもしれないが…」

右目を狙わなかったのは「正々堂々戦いたかった」

 また2回には強烈な左を顔面に当て、井上の瞼をカット。激しい流血を誘ったが、ドネアはウィークポイントを執拗には攻めなかった。これに関しては「そこまで切り傷は気になっていなかった、ただ自分がやるべきことをやっただけ」と語っている。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 さらに続けて「彼をノックアウトしようとした、それだけが頭の中にあった。ただ自分が計画した事をやろうとしていた。みんなが何故そこに追討ちをかけないのかと聞いてきたが、ただ自分のスタイルを貫いた、ノックアウトを奪う事。まあ、古いメンタリティーかもしれないが正々堂々戦いたかった」とレフェリーストップではなく、KOを狙っていたと紳士的に語っている。

 健在ぶりが評価され、最新のWBCランキングではルイス・ネリ(メキシコ)に代わって1位にジャンプアップ。WBC王者ノルディ・ウーバーリ(フランス)への指名挑戦権も与えられている。王座返り咲きの可能性も十分に秘めるドネア。まだまだ世界のトップ戦線で戦い続けることになりそうだ。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集