[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

遠藤&渡辺が日本勢対決で白星発進 「結婚記念日なので負けられなかった」

バドミントンのBWFワールドツアー・ファイナルズ(以下、WTF)が11日に中国・広州で開幕し、男子ダブルスの遠藤大由/渡辺勇大(日本ユニシス)は、2-0(21-19、21-13)で園田啓悟/嘉村健士(トナミ運輸)を破り、白星スタートを切った。遠藤は「今日は、結婚記念日なので負けるわけにはいかなかった。勝手に1人だけ燃えていた。付き合い始めたのが11日。10年目で結婚して、今日で結婚して7年目。こういうときにアピールしておかないとね」と笑顔を見せた。

遠藤大由(左)と渡辺勇大(右)【写真:平野貴也】
遠藤大由(左)と渡辺勇大(右)【写真:平野貴也】

バドミントンのWTFが開幕、男子ダブルスで遠藤&渡辺が白星発進

 バドミントンのBWFワールドツアー・ファイナルズ(以下、WTF)が11日に中国・広州で開幕し、男子ダブルスの遠藤大由/渡辺勇大(日本ユニシス)は、2-0(21-19、21-13)で園田啓悟/嘉村健士(トナミ運輸)を破り、白星スタートを切った。遠藤は「今日は、結婚記念日なので負けるわけにはいかなかった。勝手に1人だけ燃えていた。付き合い始めたのが11日。10年目で結婚して、今日で結婚して7年目。こういうときにアピールしておかないとね」と笑顔を見せた。

【PR】感性の鋭いアスリートが集う陸上日本代表 ごまかしの利かない勝負を支えた「乳酸菌B240」の効果

 WTFは、夏の世界選手権を制した選手と、1年を通して行われるBWFツアー成績上位者の8名(8ペア)しか出場できないハイレベルな大会だ。世界選手権に次いで高いランキングポイントが設定されており、2020年東京五輪の出場権獲得に向けても重要な意味合いを持つ。

 4人(4ペア)1組で総当たり1回戦の予選ラウンドを行い、各組上位2位が決勝トーナメントに進む形式で行われる。男子ダブルスは、日本から出場する2組が同じ組に入り、なおかつ同組に世界ランク1位のフェルナンディ・マークス・ギデオン/ケビン・サンジャヤ・スカムルジョ(インドネシア)と、ともに身長190センチを超える長身ペアであるリ・ジュンフイ/リュウ・ユチェン(中国)が入っており、激戦必至の組み合わせとなった。

 初戦で実現した日本勢対決は、1日に国内で行った全日本総合選手権大会の決勝と同じ顔合わせ。前回は、園田が試合途中で脱水症状を起こして機動力が落ち、遠藤/渡辺が勝利した。気がかりだった園田の動きは、復調していたが、今度は嘉村がやや不調。ショットの精度が上がらず、得意とする後衛の園田、前衛の嘉村の形を作らせてもらえなかった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集