[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥がドネア戦で見せた対応力 米記者が高く評価したメイウェザーとの共通点

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム決勝でノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ちを収めたWBAスーパー&IBF王者・井上尚弥(大橋)。互いに譲らず第12ラウンドまで戦い抜いた死闘は、英メディアから「ドラマ・イン・サイタマ」と称される名勝負となった。世界的な評価を一層高めた井上だが、実際に海外の記者はどう見たのか。「THE ANSWER」では、米紙「ロサンゼルス・タイムズ」のコラムニスト、ディラン・ヘルナンデス記者を直撃インタ。「生中継を見るために朝4時に起きた」というヘルナンデス記者は「ここ何年かで一番面白い試合だった」と高く評価した。

試合後、ノニト・ドネアと抱擁する井上尚弥【写真:荒川祐史】
試合後、ノニト・ドネアと抱擁する井上尚弥【写真:荒川祐史】

米紙コラムニストが興奮「ここ何年かで一番面白い試合だった」

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム決勝でノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ちを収めたWBAスーパー&IBF王者・井上尚弥(大橋)。互いに譲らず第12ラウンドまで戦い抜いた死闘は、英メディアから「ドラマ・イン・サイタマ」と称される名勝負となった。世界的な評価を一層高めた井上だが、実際に海外の記者はどう見たのか。「THE ANSWER」では、米紙「ロサンゼルス・タイムズ」のコラムニスト、ディラン・ヘルナンデス記者を直撃インタ。「生中継を見るために朝4時に起きた」というヘルナンデス記者は「ここ何年かで一番面白い試合だった」と高く評価した。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 直近3戦は3ラウンドの声も聞かずに勝ち名乗りを上げていた井上だが、世界5階級王者のドネアとは流血しながら第12ラウンドまで戦った。井上が第12ラウンドを戦ったのは、2016年5月8日のデビッド・カルモナ(メキシコ)戦以来、3年半ぶりのこと。36歳ベテランと拳を突き合わせた一戦は「井上にとっていい経験だったと思う」とヘルナンデス記者は言う。

「井上はこれまで同じ階級、同じ世代の中で、1人レベルが高すぎた。だから圧勝することが多かったけれど、ドネアは年は取っていても技術と頭の良さがある。今までと違ったタイプの選手を相手に、攻め込まれながらも勝ちきったことはいい経験になったと思うよ」

 この一戦の中でヘルナンデス記者が注目したのは、井上のアジャスト能力の高さだ。その非凡さが光ったのは、第2ラウンドで経験した初めての流血の後だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集