[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、“同門”ロマチェンコと夢対決の可能性 英展望「2年後以降に見られるか」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)を制し、バンタム級世界一の称号を手にした井上尚弥(大橋)。試合後には大手プロモーション「トップランク」との複数年契約を電撃発表し、2020年は米国に本格進出することとなったが、英メディアではパウンド・フォー・パウンド(PFP)のトップに立つ、世界最速の3階級制覇王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)との将来的な対戦について言及している。

井上尚弥(左)とワシル・ロマチェンコ【写真:荒川祐史・Getty images】
井上尚弥(左)とワシル・ロマチェンコ【写真:荒川祐史・Getty images】

ロマチェンコと同じトップランク社と契約した井上を英専門誌が特集

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)を制し、バンタム級世界一の称号を手にした井上尚弥(大橋)。試合後には大手プロモーション「トップランク」との複数年契約を電撃発表し、2020年は米国に本格進出することとなったが、英メディアではパウンド・フォー・パウンド(PFP)のトップに立つ、世界最速の3階級制覇王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)との将来的な対戦について言及している。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 英ボクシング専門誌「ワールドボクシングニュース」ではトップランク社と契約した井上を特集。CEOのボブ・アラム氏が、WBSSの決勝以前から井上との契約に熱心だったことを伝えている。

「トップランク社のボブ・アラムはWBSSのチャンピオンであり、かなりの才能を持つナオヤ・イノウエを逃すまいと即座に飛びついた」とし、さらには「そして今や、アラム氏はPFPのスターの3人であるうちの2人と契約を結んだことになった」とロマチェンコと“同門”となったことに注目している。

 記事では「ロンドン五輪で2個目の金メダルを獲得したのちにロマチェンコと契約した後に、アラム氏は彼が史上最高であることを宣言した。ロマはボクシングの殿堂入りをすると思われている。アラム氏はイノウエにも将来的に同じことが言えると信じている」とし、アラム氏が井上の才能を高く評価していることを本人のコメントを交え、紹介している。

「ナオヤ・イノウエは希代の才能の持ち主だ。10年に1人の逸材と言えるだろう。彼はすでにたくさんの雑誌の表紙を飾るなど日本ではスーパースターである。そしてあっという間にアメリカでも主要なスターになるだろう。あなたは史上最高の人物の歴史的キャリアを歩んでいるところを見ていることになる」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集