[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

BOXロスに井上尚弥を 英メディアがWBSS決勝を回想「ドネアはKO負けのはずだった」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスでWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と3団体統一戦を行う予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大による延期が決まった。

井上尚弥(左)とノニト・ドネア【写真:Getty Images】
井上尚弥(左)とノニト・ドネア【写真:Getty Images】

英ラジオ局が井上―ドネアの頂上決戦を改めて特集「現代の名勝負だ」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスでWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と3団体統一戦を行う予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大による延期が決まった。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 各国でボクシングの公式戦が延期、中止になる中、英ラジオ局では昨年11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級大会決勝の5階級制覇王者のノニト・ドネア(フィリピン)との名勝負を改めて特集。「多くの米視聴者は早起き観戦を選ばなかったが、それは彼らの損失となった」と分析している。

「歴史的バトル ナオヤ・イノウエ対ノニト・ドネア2019年の年間最高試合。見逃したかもしれないが、現代の名勝負だ」と特集したのは英ラジオ局「トークスポーツ」だった。

 ハイレベルな激闘が繰り広げられた頂上決戦は日本時間夜のゴールデンタイムに行われた。米国や英国でも生中継されたが、時差があった。

「このファイトは大本命の母国日本で行われ、木曜日の夜に計画されていた。西欧の視聴者にとっては凄まじいほどに都合の悪い時間に放送されることになった」と指摘。米国では深夜・早朝帯での中継となったために、「多くの米国の視聴者はこのイベントを目撃するために早起きを選択しなかった。これは彼らの損失となった」と指摘している。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集