[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ネリ騒動で王座返り咲きへ ドネア、WBCのベルトへ意欲「そこに行けることを願う」

ボクシングの前WBC世界バンタム級王者ルイス・ネリ(メキシコ)が、前日計量で規定の118ポンド(約53.5キロ)を1ポンド(約450グラム)オーバーし、前IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)との挑戦者決定戦が中止となった。同日の興行が行われた米ラスベガスのMGMグランドガーデン・アリーナには、元5階級制覇王者のノニト・ドネア(フィリピン)も登場。米メディアのインタビューに応じ、バンタム級への残留とWBC王座へ意欲を示している。

ノニト・ドネア【写真:Getty Images】
ノニト・ドネア【写真:Getty Images】

米メディアがドネアのインタビュー公開、WBC王座を狙うことを示唆

 ボクシングの前WBC世界バンタム級王者ルイス・ネリ(メキシコ)が、前日計量で規定の118ポンド(約53.5キロ)を1ポンド(約450グラム)オーバーし、前IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)との挑戦者決定戦が中止となった。同日の興行が行われた米ラスベガスのMGMグランドガーデン・アリーナには、元5階級制覇王者のノニト・ドネア(フィリピン)も登場。米メディアのインタビューに応じ、バンタム級への残留とWBC王座へ意欲を示している。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 WBCのシルバータイトル及び、正規王者ノルディ・ウーバーリ(フランス)への挑戦権がかけられていたネリとロドリゲスの注目のマッチアップだが、問題児ネリが体重を落とせず試合はまさかのキャンセルとなった。

 一方でこの日会場に姿を見せたのは、7日のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)の決勝で井上尚弥(大橋)に敗れていたドネアは37歳だが、現役を続けることを表明している。

 米専門メディア「ボクシングシーン.com」がドネアへのインタビュー映像を公開。ドネアが新たなプランを示している。

「ネリは計量で引っかかってもう挑戦者ではなくなったけど」というインタビュアーの問いかけには、「そうだね、僕たちがそこのポジションに行けることを願ってるよ」と断言。続けて「僕はこの階級にとどまるつもりでいる。この階級ではとても強いし、このまま続けるつもりだよ」と改めてバンタム級に残留し、王座に返り咲く意欲を明かしている。

 現在WBCの4位に位置するドネア。挑戦者決定戦が流れたことで、混沌とするWBCのバンタム級挑戦権。ドネアが緑のベルトをターゲットに定めても違和感はない。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集