[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ドネア、脳を揺らした“戦慄の左拳”に衝撃再び「ポゥゥゥ!!」「史上最高の左フック」

ボクシングの元5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)の衝撃的な左フックに再び注目が集まっている。WBC公式インスタグラムが7年4か月前の動画を公開。「閃光の左」と称される一撃必殺に、ファンから「ノニトが爆弾を落とした!!」「ポゥゥゥ!!」「史上最高の左フック」と反響が集まっている。

ノニト・ドネア(左)とホルヘ・アルセの一戦に再び脚光【写真:Getty Images】
ノニト・ドネア(左)とホルヘ・アルセの一戦に再び脚光【写真:Getty Images】

2012年12月15日のアルセの顎をモロに捉えた一撃に海外「彼のパワーが宿った閃光」

 ボクシングの元5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)の衝撃的な左フックに再び注目が集まっている。WBC公式インスタグラムが7年4か月前の動画を公開。「閃光の左」と称される一撃必殺に、ファンから「ノニトが爆弾を落とした!!」「ポゥゥゥ!!」「史上最高の左フック」と反響が集まっている。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 戦慄の走る左フックだ。ドネアはロープ際に追い詰めた相手に対し、さらにジワリと距離を詰める。一瞬の間を置くことなく衝撃の瞬間が訪れた。ドネアが振り抜いた左拳は、相手の顎をモロに捉える。汗が飛び散り、尻もちをつかせてダウンを奪った。実況も、観衆も大興奮の一撃だ。

 2012年12月15日、テキサス州ヒューストンのトヨタセンターで行われた一戦。元5階級制覇王者ホルヘ・アルセ(メキシコ)に3回KO勝ちし、WBO世界スーパーバンタム級王座3度目の防衛に成功した。2回からダウンを奪い、3回に強敵を完膚なきまでに沈めたシーン。WBCが動画付きで「レジェンド・ノニト・ドネアの凄まじいパワーショットを思い出して!」と投稿すると、ファンが絶賛するコメントが集まっている。

「彼のパワーが宿った閃光」
「ポゥゥゥ!!」
「史上最高の左フック」
「パワー・パンチャー」
「この試合、昨日のことみたいに覚えてる」
「ワオ、これは速い」
「ドネアの左フックは別格」
「ノニトが爆弾を落とした!!!」
「すげえ!!」

 強烈な左フックで数々の敵をなぎ倒してきたドネア。威力もさることながら、警戒する相手にもしっかりとぶつける技術が、今でも第一線で活躍できる支えになっているのだろう。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集