[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、早くも昇級後の相手に注目 リング誌編集長が「極上」と評した強打者とは?

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム決勝でノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ちを収めた、WBAスーパー・IBF王者の井上尚弥(大橋)。米興行大手トップランク社と契約し、来年のメガマッチ実現に期待が集まる中、米専門誌「ザ・リング」の編集長は井上の上限階級を「スーパーバンタムかフェザー級」と分析。そして、スーパーバンタム級ではWBO王者エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)とのタイトルマッチを「極上のマッチアップ」と評価している。

井上尚弥【写真:Getty images】
井上尚弥【写真:Getty images】

リング誌読者とのQ&A企画で主役に

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム決勝でノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ちを収めた、WBAスーパー・IBF王者の井上尚弥(大橋)。米興行大手トップランク社と契約し、来年のメガマッチ実現に期待が集まる中、米専門誌「ザ・リング」の編集長は井上の上限階級を「スーパーバンタムかフェザー級」と分析。そして、スーパーバンタム級ではWBO王者エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)とのタイトルマッチを「極上のマッチアップ」と評価している。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 WBSS制覇で世界でさらにその名を知らしめたモンスター。「ボクシングの聖書」と呼ばれる同誌では過去2度に渡って井上を表紙に抜擢しているが、ダグ・フィッシャー編集長と読者とのQ&A企画のテーマもモンスターが主役だった。

 2012年にライトフライ級からキャリアをスタートさせ、現在はバンタム級で3階級制覇を達成しているが、フィッシャー編集長は井上の階級の上限については「ジュニアフェザー(スーパーバンタム)かフェザー」と分析。5階級に挑めると見ている。

 またスーパーバンタム級に昇級した場合に、WBA王者ダニエル・ローマン(米国)、WBC王者レイ・バルガス(メキシコ)との対戦を希望する意見に対しては、別の最高のライバルの存在を指摘している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集