[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【名珍場面2019】井上尚弥、敗戦ドネア家に届けた“粋な計らい”に海外絶賛「こんな事が可能なのか」

12月を迎え、様々な競技で盛り上がりを見せたスポーツ界を連日、振り返る「名珍場面2019」。今回は11月のボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム決勝で優勝したWBAスーパー&IBF王者・井上尚弥(大橋)が試合後に見せた粋な計らいだ。敗れたノニト・ドネア(フィリピン)の頼みを受け、子供たちのために優勝トロフィーを一晩貸した。その様子をドネアがツイッターに動画付きで公開し、海外ファン、ボクサーに大きな反響を呼んだ。

ノニト・ドネアと井上尚弥(右)【写真:Getty images】
ノニト・ドネアと井上尚弥(右)【写真:Getty images】

「スポーツ界の名珍場面総集編」―WBSS決勝翌日にトロフィーがあった場所は…

 12月を迎え、様々な競技で盛り上がりを見せたスポーツ界を連日、振り返る「名珍場面2019」。今回は11月のボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム決勝で優勝したWBAスーパー&IBF王者・井上尚弥(大橋)が試合後に見せた粋な計らいだ。敗れたノニト・ドネア(フィリピン)の頼みを受け、子供たちのために優勝トロフィーを一晩貸した。その様子をドネアがツイッターに動画付きで公開し、海外ファン、ボクサーに大きな反響を呼んだ。

【特集】若き天才ジャンパーはなぜ飛躍したのか 快挙の裏にあったメンタルの成長 / 男子スキージャンプ・小林陵侑インタビュー(GROWINGへ)

 井上は強いだけじゃなく、優しかった。ドネアが敗戦から一夜明け、1本の動画を公開した。グレーのパーカーにフードを被り、サングラスをかけて表情を隠したドネア。椅子に座り、目の前に2人にはお揃いのTシャツを着た2人の子供がいる。ただ、なぜか目の前には「NAOYA INOUE」と記されて輝くWBSS優勝トロフィーが置かれている。そして、1人がこうメッセージを発した。

「サンキュー、Mr.イノウエ、コングラチュレーション!」。たどたどしい言葉だったが、なんとも可愛らしい振る舞い。ドネアは別のツイートで「日本へモハメド・アリ杯を取りにやってきた。僕は息子たちに朝、それを見られるよと約束した。目に涙を浮かべ、イノウエに一晩だけ貸してくれとお願いした。自分のためにではなく自分の約束のために」と明かした。

 約束だった息子たちに対する優勝のプレゼント。それが叶わなくとも、父としてせめてできることをしたいと井上に懇願し、借りたという。異例の頼みだったが、井上もこれを快諾。敗者の子供を喜ばせる粋な計らいを見せた。試合後には互いに抱擁を交わし、リスペクトを示し合っていたが、その姿勢は会場を離れても変わらなかった。

 投稿には「試合前、試合中、試合後全てが美しかった」「ノニト、あんた男だぜ。真の王者を意味している」「あなたは品格さのお手本だ。素晴らしい試合。伝説的だ」「私にも同い年くらいの息子が2人いるから、気持ちは痛いほどわかるよ」「輝ける他のファイターたちのお手本だね。リング外でもリング内でもね」などと海外ファンから感動の声が続々と広がっていた。

 また、海外ボクサーにも反応は拡大。元WBC世界クルーザー級王者のトニー・ベリュー(英国)はツイッターでWBSS公式ツイッターが伝えたドネア家のチャンピオンへの感謝を紹介した上で「アメージングだ! 2人の戦士は男の約束の意味を理解している」と絶賛した。

 リオデジャネイロ五輪に出場した中量級の実力者アンソニー・ファウラー(英国)も「年間最高試合候補の後に、私が目にした最高の事象だ。ナオヤ・イノウエをさらに尊敬する。こんなことが可能なのだろうか。なんて男だ。日本は誇りにすべきだ」と称賛した。歴史的な死闘の後で演じていた井上の振る舞いは、多くの人の胸に刻まれる出来事になった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集