[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

17歳川畑和愛、大躍進の3位表彰台に海外メディア驚き「ザ・サプライズ カワバタ」

フィギュアスケートの全日本選手権は21日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)7位の17歳・川畑和愛(N高東京)がフリー3位の128.43点をマークし、合計193.96点で3位に入った。ジュニア選手が演じた躍進に対し、海外メディアも「ザ・サプライズ トモエ・カワバタ」と驚きを持って紹介している。

川畑和愛【写真:Getty images】
川畑和愛【写真:Getty images】

SP7位から逆転表彰台、世界ジュニアへ前進「17歳が東京で飛躍遂げた」

 フィギュアスケートの全日本選手権は21日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)7位の17歳・川畑和愛(N高東京)がフリー3位の128.43点をマークし、合計193.96点で3位に入った。ジュニア選手が演じた躍進に対し、海外メディアも「ザ・サプライズ トモエ・カワバタ」と驚きを持って紹介している。

【特集】【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 ジュニアの17歳がサプライズを演じた。川畑は経験のあるシニア選手が苦しむ中で、臆することなく演技を披露。大きなミスなくまとめ、フリー3位の128.43点をマークし、逆転表彰台の呼び水になった。紀平梨花、樋口新葉とシニアの国際舞台で実績のある2人に続く3位となり、海外メディアも驚きを伝えている。

 IOC運営の五輪専門メディア「オリンピックチャンネル」は女子フリーを振り返った特集の中で「ザ・サプライズ:トモエ・カワバタ」と小見出しを打って伝えた。「2年前は21位、去年は10位の17歳トモエ・カワバタは東京で飛躍を遂げ、経験豊富な者たちがいる中で、表彰台を掴み取った」と称えた。

「カワバタは今や2020年3月に世界の舞台で彼女の力を証明できるチャンスを得た」とも記し、来年3月の世界ジュニア選手権切符をたぐり寄せたことを伝えた。紀平の1学年上にあたる17歳だが、着実に成長してきた川畑。さらなる新星出現が待たれる女子において、今後の成長が楽しみな存在であることは間違いない。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集