[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

南アフリカがウェールズに前半9-6リード 両軍ノートライでPG戦、ポラードは3本全成功

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は27日、横浜国際総合競技場で準決勝の第2試合を行い、世界ランク3位のウェールズと同4位の南アフリカが激突。前半は両国揃ってノートライながら、ペナルティーゴール(PG)を3本決めた南アフリカが9-6とリードし、折り返した。

前半は両国揃ってノートライのPG戦に【写真:石倉愛子】
前半は両国揃ってノートライのPG戦に【写真:石倉愛子】

ウェールズNO8モリアーティはW杯史上初の親子で準決勝出場

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は27日、横浜国際総合競技場で準決勝の第2試合を行い、世界ランク3位のウェールズと同4位の南アフリカが激突。前半は両国揃ってノートライながら、ペナルティーゴール(PG)を3本決めた南アフリカが9-6とリードし、折り返した。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 南アフリカのキックオフから始まった前半は、互いに強力なFWを誇るチームとあって、キックで陣地のゲインを画策。一進一退の攻防となったが14分、ウェールズ陣内22メートル付近でのラックでペナルティーを得た南アフリカは、SOポラードがペナルティーゴール(PG)を決めて3点を先制した。だが、その4分後、今度は南アフリカが自陣でペナルティーを献上。PGで同点に追いつかれたが、その2分後に再び南アフリカはPGを決めて3点リードする。

 その後は両チームともにハイパントを多用した空中戦を展開。一進一退の攻防が続いたが、34分に敵陣内でペナルティーを得た南アフリカは、ポラードがこの日3本目のPGを決めて9-3。しかし、ウェールズも38分にPGで3点を返し、南アフリカが9-6でリードして折り返した。

 また、ウェールズのNO8として先発したロス・モリアーティは、1987年大会の準決勝に同国代表として父ポール氏も出場しており、W杯史上初の準決勝に出場した父子となった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集