[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メドベージェワが“着物風衣装”熱演で海外反響「芸者のよう」「彼女の衣装大好き」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダは26日(日本時間27日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)6位と出遅れたエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)がフリー3位となる146.73点で合計209.62点をマーク。5位に順位を上げた。表彰台にこそ届かなかったが、国際スケート連盟(ISU)は着物風衣装で華麗に跳んだジャンプを動画付きで紹介。「ゲイシャ(芸者)のようにビューティフル」と称えている。

エフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】
エフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】

スケートカナダで追い上げ5位、衣装に熱視線「彼女の衣装大好き」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダは26日(日本時間27日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)6位と出遅れたエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)がフリー3位となる146.73点で合計209.62点をマーク。5位に順位を上げた。表彰台にこそ届かなかったが、国際スケート連盟(ISU)は着物風衣装で華麗に跳んだジャンプを動画付きで紹介。「ゲイシャ(芸者)のようにビューティフル」と称えている。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 メドベージェワが意地を見せた。冒頭の3回転ルッツを綺麗に決めると、続くサルコウ―ループの連続3回転、3回転フリップも着氷。以降も2回転アクセル―3回転トウループ―2回転トウループなどジャンプの要素を大きなミスなくまとめ、持ち前の演技力を駆使しながら、演じ切った。大きな喝采とともにブライアン・オーサーコーチから拍手が送られた。

 今季は日本を舞台にした名作映画「SAYURI」を使用した新プログラム。とりわけ、注目されているのが衣装だ。黒を基調とした衣装に白の衿が付き、ウェスト付近は赤い帯のようなデザイン。さらに、桜を模したモチーフが全身にあしらわれ、和の世界観を表現していた。そんなことを意識してか、ISU公式ツイッターはこう称賛している。

「ゲイシャのようにビューティフル」。さらに、サルコウ―ループの連続3回転を跳んだシーンを動画付きで紹介すると、「彼女は真のファイター」「彼女に五輪で金を取ってほしい。一番のパフォーマーだわ」「永遠に私の女王」「ただただアメージング」という演技に対する称賛とともに「彼女の衣装が大好き」と“着物風”の装いに対する反響も上がっていた。

 表彰台にこそ届かなかったメドベージェワだったが、まだ今季は始まったばかり。美しい衣装とともに深まるシーズンを、かつての世界女王は一歩ずつ歩んでいく。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集