[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ジョセフHCを電話一本で日本代表入りさせた男 “赤鬼”が8強入りを確信する理由

9月20日に開幕するワールドカップ日本大会まで、あと9日。サンケイスポーツで20年以上にわたり楕円球を追い続けてきたラグビー・ライター吉田宏氏が、日本ラグビーを牽引してきたレジェンドたちの、日本代表、ワールドカップ成功への熱い思い、提言を綴る毎週水曜日連載の「楕円の軌跡―レジェンドトーク2019」。

初の外国人キャプテンを務めたアンドリュー・マコーミック氏【写真:Getty Images】
初の外国人キャプテンを務めたアンドリュー・マコーミック氏【写真:Getty Images】

ラグビーW杯開幕まで9日、連載「楕円の軌跡―レジェンド・トーク2019」第14回はNZ出身で初の外国人キャプテンを務めた“赤鬼”アンドリュー・マコーミック氏

 9月20日に開幕するワールドカップ日本大会まで、あと9日。サンケイスポーツで20年以上にわたり楕円球を追い続けてきたラグビー・ライター吉田宏氏が、日本ラグビーを牽引してきたレジェンドたちの、日本代表、ワールドカップ成功への熱い思い、提言を綴る毎週水曜日連載の「楕円の軌跡―レジェンドトーク2019」。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 第14回は、1999年ワールドカップで日本代表主将としてチームを率いたアンドリュー・マコーミック氏に話を聞いた。ニュージーランド(NZ)出身で、現在日本代表を率いるリーチ・マイケル主将と同じ境遇で桜のジャージーに袖を通したパイオニアは、ホームゲームで戦える“追い風”と伝統のスピードで、日本代表の8強入りを確信する。

 ◇ ◇ ◇

 史上初の外国人キャプテンとして、ワールドカップで桜の戦士たちを牽引したマコーミック氏は、いつもの柔和な表情で語り始めた。

「南アフリカ戦をみても、日本代表はいい感じだと思います。いい勉強になったんじゃないかな。ハイパントの処理、スクラムなどを考えると、南アフリカはいい相手でしたね。差はついたけど、ネガティブに考える必要はない。これから2週間でやらないといけないことがわかった試合です」

 現役時代に“赤鬼”などと呼ばれたマコーミック氏だが、それはプレーの激しさを形容したもの。誰からも愛され、柔らかい物腰はいまも変わらない。

 NZから来日する前には、名門カンタベリー州代表で主将も務めた。父親のファギーさんはオールブラックスでも活躍して、祖父から3代でのNZ代表入りが期待されていたが、当時のオールブラックスはマコーミック氏と同じCTBにウォルター・リトル、ジョー・スタンレー、フランク・バンスら名手と呼ばれた猛者揃い。代表セレクションで厚い壁に阻まれてきたマコーミック氏は、気持ちを切り替えるために短期の海外でのプレーを選択した。

1 2 3 4

吉田 宏

サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。W杯は1999、2003、07、11、15年と5大会連続で取材。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集