[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

奮闘したラグビー日本を歴代代表OBたちも労い 福岡堅樹「胸を張って」五郎丸歩「これぞW杯」

ラグビーワールドカップ(W杯)フランス大会は8日、1次リーグのプールD最終戦(ナント)が行われ、世界ランク12位の日本代表が同9位アルゼンチンと対戦。死闘を演じるも27-39で敗れ、2大会連続の決勝トーナメント(T)進出はならなかった。アルゼンチン戦はこれで通算1勝6敗。1998年以来25年ぶりの勝利と、海外開催のW杯では史上初の8強入りを逃した。それでも、激闘を繰り広げた日本に代表OBから労いの声がX(旧ツイッター)上で続々と寄せられている。

アルゼンチンに敗れたラグビー日本【写真:ロイター】
アルゼンチンに敗れたラグビー日本【写真:ロイター】

ラグビーW杯フランス大会

 ラグビーワールドカップ(W杯)フランス大会は8日、1次リーグのプールD最終戦(ナント)が行われ、世界ランク12位の日本代表が同9位アルゼンチンと対戦。死闘を演じるも27-39で敗れ、2大会連続の決勝トーナメント(T)進出はならなかった。アルゼンチン戦はこれで通算1勝6敗。1998年以来25年ぶりの勝利と、海外開催のW杯では史上初の8強入りを逃した。それでも、激闘を繰り広げた日本に代表OBから労いの声がX(旧ツイッター)上で続々と寄せられている。

【注目】一度だけの人生、好きなだけスポーツを スポーツを楽しむすべての女性を応援するメディア「W-ANS ACADEMY(ワンス・アカデミー)」はこちら

 前回の日本大会で8強進出した福岡堅樹氏は「選手の皆さん、本当にお疲れ様でした。ベスト8を達成した次のW杯、選手たちにかかるプレッシャーはとてつもないものだったと思います。そんな中戦い抜いた選手達は本当に誇らしいし、胸を張って帰ってきてほしい」と労い、「悔しいけどこれが世界における現在地、また4年後には進化したJAPANに期待します!!」と次回大会に期待を込めた。

 2015年イングランド大会で「ブライトンの奇跡」を経験している五郎丸歩氏は「お疲れ様でした。両チーム素晴らしいパフォーマンスでした。これぞW杯」と両チームを労った。当時の主将も務めた廣瀬俊朗氏は「めちゃええ試合やったね!! これぞ、ワールドカップ。両チーム出し切る。悔しいけど、また4年後!!」とつづり、「日本代表の応援ありがとうございました アルゼンチン、おめでとうございます」とも記した。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集