[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ラグビーW杯の記事一覧

  • チケット販売率99.3%は史上最高 ラグビーW杯の成功を支えたもう1つの「ONE TEAM」

    2019.11.28

    9月20日の開幕から始まる44日間にわたり、日本から世界に向けて感動と熱気を発信したラグビーワールドカップ(W杯)2019日本大会。南アフリカが3度目の優勝を果たした大会で、日本代表は史上初のベスト8進出を果たす快進撃で、日本列島にラグビーブームを生み出した。毎年恒例となった新語・流行語大賞の候補として、「にわかファン」をはじめ「ONE TEAM」「4年に一度じゃない。一生に一度だ。」「笑わない男」「ジャッカル」とラグビーに関連する5つの言葉がノミネートされるなど、W杯開催は日本に大きなインパクトを与えた。

  • 感動が蘇る カナダ、釜石の泥清掃をW杯公式が名場面選出「これがラグビーの精神」

    2019.11.22

    ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は南アフリカの3度目の優勝で幕を閉じた。日本は史上初の8強入り。列島全土を巻き込んだラグビーフィーバーは未だ記憶に新しいが、大会公式インスタグラムでは大会中の名シーンを、カウントダウン形式で振り返る企画を実施。8位に選出したのはカナダ代表の泥清掃。実際のシーンを動画付きで公開し、再び称賛を呼んでいる。

  • 世界的名手が美少女戦士に… サントリー大仮装ショットに笑撃「筋肉バッキバキ」

    2019.11.19

    ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で初の8強入りした日本代表のツイ・ヘンドリックがツイッターを更新。所属先のサントリーの催しで、同じく日本代表の流大らとお茶目に仮装パーティーを開いた姿を画像付きで公開し、「どちらもハマり役すぎます」「爆笑!」「二度見しました」「この美少女戦士はマット・ギタウさん?」とファンに笑撃を走らせている。

  • 日本の「具くん」 癒し系の“日本の故郷凱旋ショット”に反響「笑顔が可愛くて」

    2019.11.18

    ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で8強に貢献した日本代表PR具智元がインスタグラムを更新。中高時代を過ごした日本の故郷・大分に凱旋し、母校・日本文理大付高を訪れて後輩と撮った集合写真などを公開した。「日本の故郷の佐伯に行ってきました」という投稿に対し、日本のファンに「いつも笑顔が可愛くて」「韓国のスターですね」「大分が日本の故郷なんて、嬉しい言葉」と反響を呼んでいる。

  • もう一つのジャパン 7人制代表は東京五輪でメダルを狙えるのか? 現在地と課題

    2019.11.16

    ラグビーワールドカップ2019は日本中を熱気に包みながら南アフリカの通算3度目の優勝で幕を閉じた。この大会の成功を大きく後押ししたのは日本代表の躍進だったが、もう一つの“ジャパン”7人制日本代表が、2020年東京オリンピックでの飛躍をめざして強化を加速している。

  • 写真大炎上で波紋の“肘打ちポーズ”主審 日本の自動車メーカーのローカル大使に就任

    2019.11.15

    ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で、“肘打ちポーズ”写真が流出し物議を醸したジャコ・ペイパー氏。南アフリカ出身のレフェリーは、このほど南アフリカ三菱自動車のローカル大使に就任したという。

  • イシレリがデカイ… ラファエレ&山中との3ショットに喝采「スーツ姿もかっこいい」

    2019.11.15

    ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に出場したティモシー・ラファエレがインスタグラムを更新。山中亮平、中島イシレリとのスーツ姿の3ショットが「かっこいい」と反響を呼んでいる。

  • スコットランド協会、WRへの“謝罪拒否” 寄付で決着、BBC記者「しこりの残る結果」

    2019.11.15

    ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で台風による10月13日の日本―スコットランド戦の開催を巡り、スコットランド協会最高経営責任者のマーク・ドッドソン氏が中止の場合、法的措置も辞さないなどの強硬な発言が問題として、国際統括団体ワールドラグビー(WR)は同協会に対し、7万ポンド(約980万円)の罰金を科し、謝罪を求めていた問題が着地を迎えた。スコットランド協会は謝罪を拒否。「罰金」を「寄付」として納めることになった。英公共放送BBCが報じている。

  • イングランド、エディーHCが決勝で犯した“1つのミス”を告白「後悔としては…」

    2019.11.13

    ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で準優勝を果たしたイングランド。準決勝で王者ニュージーランドを破って迎えた決勝の南アフリカ戦は、戦前は優位予想だったが、12-32で敗れ、4大会ぶり2度目の優勝を逃した。チームを率いた前日本代表ヘッドコーチ(HC)のエディー・ジョーンズHCは決勝を回顧。「私たちは失敗をした」と“1つのミス”を敗因に挙げたという。ニュージーランド紙「NZヘラルド」が伝えている。

  • 「日本は素晴らしい役目果たした」 海外カメラマンが厳選した“日本大会の肖像”

    2019.11.13

    ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は南アフリカの優勝で幕を閉じた。アジア初開催でホスト国の日本は史上初の8強入りを果たし、日本に空前のラグビーブームを呼んだ。一方で、イングランド、ニュージーランド、ウェールズといった世界的強豪がハイレベルな一戦を演じ、数々の名シーンが生まれた。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集