[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ラグビーW杯の記事一覧

  • 「ベスト4は不可能じゃない」 2大会連続主将・箕内拓郎が日本代表に期待する根拠

    2019.06.26

    第3回は、日本代表NO8として活躍した箕内拓郎氏に話を聞いた。トップリーグ昇格2シーズン目の日野レッドドルフィンズでFWコーチとしてグラウンドに立つ箕内氏だが、日本代表では2003年オーストラリア大会、07年フランス大会と、史上初めて2大会連続で主将を務めた天性のリーダー。ラグビーがまだアマチュアスポーツだった当時からの日本代表の進化を語り、ファンの応援を力に変えればベスト4入りのチャンスもあると訴える。

  • 代表98キャップの”鉄人”大野均が今、明かす 4年前、南アフリカに勝てた本当の理由

    2019.06.19

    毎週水曜日の連載「楕円の軌跡―レジェンド・トーク2019」。第2回は歴戦の強者――。そんな呼び方がいいのだろうか。日本ラグビーを10年以上に渡り牽引し続けてきたLO大野均(東芝)が、自らもメンバー入りをめざしてきたジェイミー・ジャパンへの思いを語ってくれた。歴代最多の日本代表98キャップを積み上げ、過去3度のワールドカップに出場。いまも現役で戦う日本ラグビーの苦境も、快挙も肌で感じてきた41歳の鉄人が、桜の勇者たちに熱いエールを贈る。

  • ラグビーW杯チケットデザイン3種類発表 トップ選手の躍動感を武者絵で表現

    2019.06.17

    ラグビーワールドカップ2019組織委員会は17日、日本大会観戦チケットのデザインを発表した。ラグビー界最高峰の祭典が、アジアで初めて日本で開催される「一生に一度」の大会であることを記念。「伝統と革新」をコンセプトに、伝統あるラグビーや日本の文化と魅力を伝える斬新な3種のデザインとなった。

  • W杯開幕まで100日「日本が優勝します」 五郎丸歩の「本気」宣言の真意は?

    2019.06.12

    ラグビーワールドカップ2019日本大会の開幕まで100日となった12日、東京・丸の内で記念イベントが開催された。イベントには国際統轄団体ワールドラグビーのブレット・ゴスパーCEO、鈴木大地スポーツ庁長官、元日本代表の大畑大介氏、菊谷崇氏、廣瀬俊朗氏らが出席し、開幕戦を迎える9月20日までの時間を示すカウントダウンクロックの除幕式が行われた。

  • 「8強入りは十分可能」― 前回W杯の“影のリーダー”廣瀬俊朗が語る4年前との違い

    2019.06.12

    ラグビーワールドカップ日本大会は、100日後の9月20日にキックオフを迎える。大会ベスト8入りに挑むジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)率いる日本代表は、6月3日にメンバーを42人に絞り込み、同10日から宮崎での強化合宿をスタートした。全国各地でワールドカップへ向けたさまざまなイベントも開催される中で、THE ANSWERでは、サンケイスポーツで20年以上にわたり楕円球を追い続けたラグビーライター吉田宏氏が、日本ラグビーを支えてきたレジェンドたちの、日本代表、ワールドカップ成功への熱い思い、そして提言を綴る、毎週水曜日の連載「楕円の軌跡―レジェンド・トーク2019」をスタートさせる。

  • 日本W杯決勝会場を見ながら 元日本代表・吉田義人氏の親子ラグビー教室を横浜で開催

    2019.05.16

    ラグビーの19年ワールドカップ(W杯)日本大会の開催地・横浜市は大会開催都市特別サポーターの元日本代表・吉田義人氏とW杯決勝の横浜国際総合競技場を見ながらラグビー体験ができる親子ラグビー教室を開催すると発表した。

  • ラグビーW杯アンバサダーに元代表の梶原宏之氏、廣瀬佳司氏、ラトゥ氏が就任

    2019.05.13

    ラグビーワールドカップ2019組織委員会は13日、大会アンバサダーとして、新たに梶原宏之氏、廣瀬佳司氏、ラトゥ ウィリアム志南利氏が就任したと発表した。

  • 銀座がラグビー通りに一変 W杯日本大会PRイベントに歓声 小池都知事「前進あるのみ」

    2019.05.12

    ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会のPRイベントが12日、東京・銀座で行われ、15年W杯イングランド大会日本代表の小野晃征、垣永真之介(ともにサントリー)、大会アンバサダーの元日本代表・伊藤剛臣氏、大会組織委員会・嶋津昭事務総長、タレントの武井壮らが参加。この日はみゆき通りをラグビーストリートに様変わりさせ、半年を切ったビッグイベントへ向け、アピールした。

  • ラグビーW杯公認キャンプ地の掛川市、静岡県内初のラッピング路線バス運行

    2019.05.10

    ラグビーワールドカップ2019日本大会の公認チームキャンプ地となっている静岡県掛川市は、5月19日から県内初のラッピング路線バスが運行されると発表した。

  • ラグビーW杯開幕まであと半年、組織委員会事務総長「登山でいうと8合目超え」

    2019.03.19

    世界3大スポーツイベントの1つ、ラグビーワールドカップ。2019年は日本が栄えある開催国となり、世界を代表する猛者と世界中の熱いファンをホストする。9月20日に日本対ロシア戦から開幕する「ラグビーワールドカップ2019日本大会」まで、3月20日でいよいよ半年。この節目に際し、公益財団法人ラグビーワールドカップ2019組織委員会の長嶋津昭事務総長がコメントを発表した。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
南米各国代表も、日本代表も、全試合DAZN独占 COPA AMERICA BRASIL 2019
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集