[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ラグビーW杯の記事一覧

  • スコットランド協会、WRの罰金処分に反発 最高幹部が徹底抗戦「CASに訴える」

    2019.11.11

    ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で台風による10月13日の日本―スコットランド戦の開催を巡り、スコットランド協会最高経営責任者のマーク・ドッドソン氏が中止の場合、法的措置も辞さないなどの強硬な発言が問題だったとして、国際統括団体ワールドラグビー(WR)は同協会に対し、7万ポンド(約980万円)の罰金を科したが、これを受けて同氏は「スポーツ仲裁裁判所に訴えるという」という次の一手にでることを示唆している。スコットランド地元紙「ヘラルド」が報じている。

  • 南アフリカ、優勝トロフィーの蓋が消えた!? 海外困惑「なくしてしまったようだよ」

    2019.11.11

    ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で3度目の優勝を飾った南アフリカ。“スプリングボクス”の愛称でも知られるチームにまさかの悲劇が起きていた。現在は優勝パレードツアー中だが、大会優勝チームに贈られるトロフィー「ウェブ・エリス・カップ」の蓋の部分を紛失してしまったのではないかと話題を呼んでいるのだ。海外メディアが報じている。

  • “笑わない男”稲垣啓太が感激 地元後輩の粋なエールに「熱いメッセージありがとう」

    2019.11.10

    ラグビー日本代表PR稲垣啓太がツイッターを更新。地元・新潟のラグビースクールの子どもたちからのエールの熱唱動画を公開。「熱いメッセージ。ありがとう」と感激している。

  • 「誰も見ていなくても信号待つ」 英BBC取材陣が触れた「愛すべき日本文化」を称賛

    2019.11.10

    ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は成功裏に幕を閉じた。英公共放送「BBC」は「私たちが日本大会を愛する理由」と題して取材した記者、解説者らが今大会を振り返る特集を展開。それぞれが思い出を語っているが、「日本人はルールを愛し、逸脱することがない」と規律が守られた文化が称賛されている。

  • 福岡堅樹、卓球張本ら異競技6ショットに反響 稲垣啓太は「やっぱり笑わない」

    2019.11.09

    ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で8強入りした日本代表WTB福岡堅樹が8日にツイッターを更新。現在開催中の卓球W杯で男子準々決勝(7日)を堀江翔太、稲垣啓太とともに観戦したことを報告し、張本智和ら3選手と豪華な“異競技6ショット”を公開した。「素敵な写真ですね!」「稲垣さんここでもやっぱり笑わない」「ガッキー笑って」との反響が相次いでいる。

  • 英BBCが「私たちが日本大会を愛する理由」を特集 取材陣回顧「議論重ねた結果…」

    2019.11.09

    ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は成功裏に幕を閉じた。英公共放送「BBC」は「私たちが日本大会を愛する理由」と題して取材した記者、解説者らが今大会を振り返る特集を展開。「何が起こるかわからないところ」「他の大会で類を見ない日本人の熱心さ」などの声が上がっている。

  • V字ハカ奇襲は失敗していた!? 本当は「半円」計画だったとイングランド選手が告白

    2019.11.09

    ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で準優勝を果たしたイングランド。大会の名場面の一つが、準決勝のニュージーランド戦前に見せた“ハカ奇襲”だった。選手がV字に隊列を組んで接近し、応酬。大きな話題を呼んだが、実は「V」ではなく、半円を描こうとしていたと選手らが告白した。英紙「ガーディアン」が伝えている。

  • 北九州、ウェールズ紙へ“お返しの全面広告”に広がる感動の輪「素晴らしい英文!」

    2019.11.09

    ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会を4位で終えたウェールズ代表は、事前キャンプを行った福岡の地元紙に日本語で感謝を記した全面広告を掲載。粋な計らいで国内で話題を呼んだが、今度は北九州市がウェールズ地元紙の全面広告を“お返し”。ウェールズ代表への愛あふれる感謝を表明した。友好の広告交換に対し、ウェールズで反響を呼んでいたが、日本のファンからも「涙があふれてあふれて」「シンプルだけど素晴らしい英文!」といった感動の声が広がっている。

  • 「発言は不適切、悪評招いた」 スコットランド、台風巡る問題発言で罰金980万円

    2019.11.08

    ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で台風による10月13日の日本―スコットランド戦の開催を巡り、スコットランド協会最高経営責任者のマーク・ドッドソン氏が中止の場合、法的措置も辞さないどの強硬な発言が問題だったとして、国際統括団体ワールドラグビー(WR)は同協会に対し、7万ポンド(約980万円)の罰金を科した。英紙「ガーディアン」が報じている。

  • なぜ日本は世界を驚愕させられたのか 「240日」という時間が作った完成度

    2019.11.08

    ワールドカップ日本大会で、4年前の“奇跡”と呼ばれた躍進を軽々と乗り越えたジェイミー・ジャパン。日本中を熱気に包んだ祭典を終えて、日本代表がなぜ世界を再び驚愕させることができたのかを、あらためて振り返る。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集