[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

失意のイングランド、残り2分大逆転勝ちの南アを称賛「彼らが世界ランク1位なのは理由がある」【ラグビーW杯】

ラグビーワールドカップ(W杯)フランス大会は21日(日本時間22日)、準決勝で前回王者・南アフリカがイングランドを16-15で破り、決勝進出。ラスト2分でハンドレ・ポラードが49メートルの逆転PGを成功し、史上最多4度目の優勝に王手をかけた。対照的にイングランドは終始リードしながらあと一歩及ばずに終戦。壮絶に散った主将とヘッドコーチは南アフリカについて「彼らが現在世界ランク1位であることには理由がある」などと称賛した。

南アフリカ戦に出場したイングランドのオーエン・ファレル【写真:ロイター】
南アフリカ戦に出場したイングランドのオーエン・ファレル【写真:ロイター】

ファレル主将とボーズウィックHCがコメント

 ラグビーワールドカップ(W杯)フランス大会は21日(日本時間22日)、準決勝で前回王者・南アフリカがイングランドを16-15で破り、決勝進出。ラスト2分でハンドレ・ポラードが49メートルの逆転PGを成功し、史上最多4度目の優勝に王手をかけた。対照的にイングランドは終始リードしながらあと一歩及ばずに終戦。壮絶に散った主将とヘッドコーチは南アフリカについて「彼らが現在世界ランク1位であることには理由がある」などと称賛した。

【注目】一度だけの人生、好きなだけスポーツを スポーツを楽しむすべての女性を応援するメディア「W-ANS ACADEMY(ワンス・アカデミー)」はこちら

 差はたった1点だった。13-15で迎えた試合終了間際、南アフリカが獲得したPGのチャンス。位置についたのはポラードだった。時計の針は78分を指そうとしている。ほぼ正面ながら、距離は49メートル。しかし、勢い良く右足を振り抜くと、飛んでいったボールはポストの真ん中を通過し、しっかりとゴールに届いた。電光掲示板が16-15に変わる。この瞬間、終始リードしてきたイングランドは初めてリードを許し、そのまま敗れた。

 ラグビー・フットボール・ユニオン公式サイトはイングランドの試合後コメントを紹介。オーウェン・ファレル主将は「常に試合についてあれこれ振り返ることはできるが、南アフリカはトップ中のトップのチームだ。彼らは今大会中、それを何度も証明してきた」と南アフリカを称賛した。「私の今の気持ちは試合についてではなく、このグループと、我々がここ5か月間やってきたことをどれほど誇りに思うかだ」とここまでの道のりに胸を張った。

 スティーブ・ボーズウィックヘッドコーチも「彼らのプレーと土壇場に逆転勝利した南アフリカに限りない称賛を送る。彼らは前回王者であり、現在世界ランク1位であることには理由がある」と同様に称賛。「我々の選手たちは今夜、素晴らしかったと思う」と自国の選手たちを労った。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集