[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ラグビーW杯で世紀のビッグプレー 爆速ダッシュを五郎丸歩も称賛「この2点が勝敗をわけることに」

ラグビーワールドカップ(W杯)フランス大会は15日(日本時間16日)、準々決勝第2試合で前回王者の南アフリカがフランスを29-28で破り、4強進出を決めた。前半22分には相手のコンバージョンキックをチェスリン・コルビが猛ダッシュで阻止するビッグプレーが炸裂。結果的に1点差マッチで勝敗を分けるプレーとなった。ファンからも「こんなの4年に一度どころか一生に一度」との声が上がったが、元日本代表でNHKにゲスト出演した五郎丸歩氏も称賛した。

フランス戦でボールを運ぶチェスリン・コルビ【写真:Getty Images】
フランス戦でボールを運ぶチェスリン・コルビ【写真:Getty Images】

ラグビーW杯準々決勝

 ラグビーワールドカップ(W杯)フランス大会は15日(日本時間16日)、準々決勝第2試合で前回王者の南アフリカがフランスを29-28で破り、4強進出を決めた。前半22分には相手のコンバージョンキックをチェスリン・コルビが猛ダッシュで阻止するビッグプレーが炸裂。結果的に1点差マッチで勝敗を分けるプレーとなった。ファンからも「こんなの4年に一度どころか一生に一度」との声が上がったが、元日本代表でNHKにゲスト出演した五郎丸歩氏も称賛した。

【注目】一度だけの人生、好きなだけスポーツを スポーツを楽しむすべての女性を応援するメディア「W-ANS ACADEMY(ワンス・アカデミー)」はこちら

 世界が度肝を抜かれたスーパープレーだった。前半22分、12-7とリードした南アフリカはフランスのペアト・マウバカに右サイドライン際で同点トライを奪われた。そして、迎えたコンバージョンキック。22メートルライン手前にセットしたフランスのトマ・ラモス。慎重に蹴り出そうとしたその時だった。コルビが猛然とダッシュし、両手を上げて投げ出して見事に体に当てた。地元の大サポーターは騒然。2点追加を阻止したコルビからすれば、してやったりだ。

 大会公式X(旧ツイッター)は「彼のスピードを誰が止められるのでしょうか? チェスリン・コルビ選手のゴールキックチャージ」と動画付きで紹介。国内リーグ戦などでは稀に見られるが、世界最高峰のW杯では滅多に見られないプレーとあって「しかしなんてスピードなんだ」「こんなんアリなんか…初めて見た」「コルビ速すぎやろ これはハッキリ言ってエグいプレーです」「こんなの4年に一度どころか一生に一度くらいしか見れんて」と驚きの反応も多かった。

 これに五郎丸氏も反応。「結果的にはこの2点が勝敗をわけることに。素晴らしい」と記した。お互いにトライを取り合うシーソーゲーム。しかも終盤は1点差に迫られ、辛くも逃げ切っただけに五郎丸氏の言う通り、あのコンバージョンが成功していたら勝敗が入れ替わっていた。前回大会優勝にも貢献しているコルビは2023-24年シーズンから日本の東京サントリーサンゴリアスに加入する。大舞台で決死のプレーがラグビー界で称賛を集めることになった。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集