[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

南アフリカ、ラグビーW杯史上最多4度目V! 王国NZと12-11の歴史的死闘、連覇で勝者も敗者も涙

ラグビーワールドカップ(W杯)フランス大会は28日(日本時間29日)、決勝が行われ、世界ランク1位の前回王者・南アフリカが2位ニュージーランドに12-11で勝利した。過去最多3度の優勝を誇る両国の対戦。互いに譲らない最強国同士が息詰まる歴史的死闘を演じた。

ラグビーW杯決勝で試合終了の笛が鳴った瞬間に歓喜する南アフリカの選手たち【写真:ロイター】
ラグビーW杯決勝で試合終了の笛が鳴った瞬間に歓喜する南アフリカの選手たち【写真:ロイター】

ラグビーW杯

 ラグビーワールドカップ(W杯)フランス大会は28日(日本時間29日)、決勝が行われ、世界ランク1位の前回王者・南アフリカが2位ニュージーランドに12-11で勝利した。過去最多3度の優勝を誇る両国の対戦。互いに譲らない最強国同士が息詰まる歴史的死闘を演じ、南アフリカが単独最多4度目の優勝を飾った。

【注目】一度だけの人生、好きなだけスポーツを スポーツを楽しむすべての女性を応援するメディア「W-ANS ACADEMY(ワンス・アカデミー)」はこちら

 ラグビー王国ニュージーランドに対し、南アフリカは開始早々にアクシデントに襲われた。前半3分に危険タックルを受けたHOボンギ・ムボナンビが負傷交代。ペナルティーゴール(PG)で3点を先制したが、痛手を負った。同13分にもPGで3点追加。同17分にニュージーランドがPGで3点を返したが、6-3の同19分に南アフリカが3本目のPGを決めた。

 がっぷり四つのスクラムは互角。ニュージーランドは速い展開で攻めに出るものの、固い防御を破れない。すると同29分、主将のFLサム・ケインの右肩が相手の顔面に入る危険タックル。のちにレッドカード判定でW杯決勝史上初の退場者となり、大黒柱を欠く窮地に立たされた。互いにPGを1本ずつ重ね、12-6の南アフリカリードで前半を折り返した。

 後半は数的不利のオールブラックスが果敢に攻めた。同11分、ペナルティーからキックではなくトライを狙ったが、残り5メートルでノックオン。同14分には、SOリッチー・モウンガがフェイントを入れながら相手2人を振り切り、30メートルほど独走。最後はオフロードパスからSHアーロン・スミスがインゴールへ。大歓声に包まれたが、直前のラインアウトでノックオンがあり、ノートライ判定で逆転機は幻に終わった。

 だが、諦めない。同18分に敵陣残り約10メートルのラックから左に素早く展開。飛ばしパスを入れ、こぼれ球を拾ったFBボーデン・バレットがトライを決め、11-12に迫った。同33分、南アフリカのWTBチェスリン・コルビが相手のパスをはたいてイエローカードのシンビン(一時退場)。ニュージーランドは右からの約40メートルのPGをCTBジョーディー・バレットが外し、逆転はならなかった。

 客席のファンは終了前から涙。ニュージーランドは終盤2分で攻め続けたが、ノックオンでボールを奪われた。残り23秒で南アフリカボールのスクラム。最後は王者が守り切り、ノーサイドを迎えた。勝者も、敗者も涙。1点差の歴史的死闘は大興奮の中で幕を閉じた。

 伝統を持つ両国は106回目の対戦となり、これまでニュージーランドの62勝39敗4分け。ニュージーランドは2大会ぶり4度目、南アフリカは2大会連続4度目の世界一が懸かっていた。27日(同28日)の3位決定戦に臨んだイングランドが3位、アルゼンチンが4位。1次リーグ2勝2敗だった日本はプールD3位で敗退だった。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集