[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

オールブラックスを経験した男 三菱重工相模原の26歳ヘモポが日本を選んだワケ

日本ラグビーにおける最高峰リーグ、ジャパンラグビートップリーグが12日、2019-2020シーズンの開幕を迎える。昨年のワールドカップ(W杯)開催に伴い、1月12日から5月9日までの期間に全16チームが総当たり戦を行い、優勝を争う。今季はトップチャレンジリーグから2チームが昇格。その1つが2007-2008シーズン以来、12年ぶりのトップリーグ復帰を果たした三菱重工相模原ダイナボアーズだ。「THE ANSWER」では、今季チームの鍵を握る3選手をインタビュー。第2回は新加入のLO(ロック)ジャクソン・ヘモポだ。

三菱重工相模原ダイナボアーズのジャクソン・ヘモポ【写真:荒川祐史】
三菱重工相模原ダイナボアーズのジャクソン・ヘモポ【写真:荒川祐史】

12年ぶりトップリーグ昇格の三菱重工相模原に新加入、期待の大型フォワード

 日本ラグビーにおける最高峰リーグ、ジャパンラグビートップリーグが12日、2019-2020シーズンの開幕を迎える。昨年のワールドカップ(W杯)開催に伴い、1月12日から5月9日までの期間に全16チームが総当たり戦を行い、優勝を争う。今季はトップチャレンジリーグから2チームが昇格。その1つが2007-2008シーズン以来、12年ぶりのトップリーグ復帰を果たした三菱重工相模原ダイナボアーズだ。「THE ANSWER」では、今季チームの鍵を握る3選手をインタビュー。第2回は新加入のLO(ロック)ジャクソン・ヘモポだ。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

 ◇ ◇ ◇

 トップリーグへの定着を狙う三菱重工相模原は、PR(プロップ)川俣直樹、FL(フランカー)武者大輔、SO(スタンドオフ)竹田祐将らトップリーグ経験者が新戦力として加入。さらには、ニュージーランド(NZ)代表経験を持つ期待の26歳、ジャクソン・ヘモポの獲得にも成功した。マオリ族の血を引き、オールブラックスの誇りを持つ男は、なぜ日本でプレーすることを選んだのか。

 身長195センチ、体重112キロ。ウェービーな長い黒髪にびっしりヒゲを貯えたワイルドな風貌。グラウンドでは圧倒的な存在感を光らせるが、グラウンドを離れれば腰が低く礼儀正しい26歳の青年だ。2018年に初めてオールブラックス入りを果たすと、同年11月3日の日本代表戦では先発出場。2019年のラグビーチャンピオンシップにもNZ代表メンバー39人の一人に選ばれるなど、最後までW杯登録メンバー(31人)入りを目指したが、惜しくも叶わなかった。

 スーパーラグビーでは2015年からハイランダーズに所属。2018年には世界選抜(World XV)の一員として来日し、日本代表に勝利した経験も持つ。実績も十分あり、選手として全盛期にあるヘモポは、母国を離れて日本のトップリーグ、三菱重工相模原でプレーすることを選んだ。

「以前から頭の片隅には、いつか海外でプレーしてみたいという想いがあったんだ。W杯のメンバーを外れ、自分の中でいろいろな可能性を探ろうと考えていた時に、日本でプレーしてみないか、という話をもらって、心機一転、新たなチャレンジに取り組む決意をしたんだ」

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集