[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

オールブラックスを経験した男 三菱重工相模原の26歳ヘモポが日本を選んだワケ

「ラグビー選手だからプレーする時間が欲しい」 そう決意し、ヘモポは日本にやってきた【写真:荒川祐史】
「ラグビー選手だからプレーする時間が欲しい」 そう決意し、ヘモポは日本にやってきた【写真:荒川祐史】

オールブラックスは「選手としても人間としても成長させてくれる場所」

 簡単な決断ではなかった。日本でプレーすることになれば、再びオールブラックス入りする可能性は減ってしまうかもしれない。ただ、レギュラーとしてプレーする時間が欲しかった。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

「やっぱりラグビーが好きだし、ラグビー選手だからプレーする時間が欲しい。僕がオールブラックスに選ばれる時は怪我人の穴埋めが多くて、初めからメンバーに選ばれているわけではなく、ベンチを温めることが多かったんだ。NZでは26歳といっても決して若くはない。若くて素晴らしいタレントが次々と現れる中、僕は日本で新たなチャレンジに踏み出すことに決めたんだ」

 もちろん、ラグビーを国技とするNZに生まれた男だ。たとえレギュラーに定着できなくても、オールブラックスに選ばれたことは極上の幸せ。NZが世界に誇るトップ選手とともに過ごした経験は、大きな誇りにもなっている。

「学校で将来の夢を書く時、NZではほとんどの子どもたちが『オールブラックスでプレーしたい』って書くんだ。僕もそう書いた一人。オールブラックスに選ばれたことは本当にアメージングな経験だった。周りにいる選手やスタッフは、みんなが一流。ラグビーの経験や知識が格段に増して、ラグビーというスポーツに対する理解も深まる。選手としても人間としても成長させてくれる場所なんだ」

 漆黒のジャージーを身にまとい、キックオフの前には勇壮なハカを舞うオールブラックスには、伝統と実績に裏打ちされた品格が漂う。NZラグビー界を代表する選ばれし者、という自覚は、時として大きな緊張感にもなったようだ。

「オールブラックスの選手になると、周りから格別な尊敬を受ける。自分も誇らしい気持ちになるけれど、その名に恥じない振る舞いをしようと緊張しっぱなしで(笑)。練習、ミーティング、滞在ホテル……どこにいても気持ちが張り詰めたままで、家に帰った途端にホッとした気分になったことを覚えているよ」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集