[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八重樫東が故郷・岩手に届ける返り咲き 「懸命に悔いなく」を刻み、36歳の世界戦へ

ボクシングのトリプル世界戦(23日、神奈川・横浜アリーナ)の前日計量が22日、都内のホテルで行われた。IBF世界フライ級(50.8キロ以下)タイトルマッチを戦う元世界3階級制覇王者の八重樫東(大橋)は50.8キロで一発クリア。2年7か月ぶりの世界戦を前にも平常心を貫いた。

八重樫東(右)【写真:浜田洋平】
八重樫東(右)【写真:浜田洋平】

ムザラネと40秒超フェイスオフ、最年長世界王座狙う

 ボクシングのトリプル世界戦(23日、神奈川・横浜アリーナ)の前日計量が22日、都内のホテルで行われた。IBF世界フライ級(50.8キロ以下)タイトルマッチを戦う元世界3階級制覇王者の八重樫東(大橋)は50.8キロで一発クリア。2年7か月ぶりの世界戦を前にも平常心を貫いた。

【PR】感性の鋭いアスリートが集う陸上日本代表 ごまかしの利かない勝負を支えた「乳酸菌B240」の効果

 世界戦前日。久々の雰囲気にも“激闘王”は平常心だった。「(特別な緊張感などは)あまりない。ああ、こんな感じだったなと」。計量後には対戦相手の同級王者モルティ・ムザラネ(南アフリカ)と、互いに拳を掲げてフェイスオフ。40秒以上のにらみ合いとなったが「長いですね。まあいいですけど」と軽く流した。

 地元・岩手にある道場「グラアカ釜石ベース」の名が刻まれたカバーバンドを右手につけて会場入りした。かねてより交流がある道場の代表・平野仁氏からは「懸命に悔いなく」という言葉を受け、トランクスなどに入れているという。リミットちょうどで計量を終えた八重樫は右手を見つめ「こうやって応援してくれるからやれているというのもある。感謝して、一緒にリングに上がるつもりでいる」としみじみと語った。

 試合当日の計量では4.5キロまで増量が認められている。炭水化物を中心に摂取し、ギリギリまで体重を戻すつもりだ。「勝って良い正月を(地元の岩手県)北上で迎えられるようにしたい」。36歳10か月を迎えるベテランが日本男子最年長世界王座を狙う。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集