[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

問題児ネリ、リング誌編集長が「来年見たい7試合」に選出 井上尚弥の統一戦も…

11月に予定されていたボクシングのWBCバンタム級指名挑戦者決定戦の前日計量で体重超過し、試合が中止となった元WBC世界王者ルイス・ネリ(メキシコ)。WBCは世界ランク1位からランク外とする処分を下したが、米専門誌「ザ・リング」のダグラス・フィッシャー編集長は2020年に見たいマッチアップを7試合リストアップ。WBAスーパー&IBF王者の井上尚弥(大橋)の統一戦とともに、ネリのスーパーバンタム級タイトルマッチを挙げている。

ルイス・ネリ【写真:Getty images】
ルイス・ネリ【写真:Getty images】

フィッシャー編集長が読者とのQ&A企画で言及

 11月に予定されていたボクシングのWBCバンタム級指名挑戦者決定戦の前日計量で体重超過し、試合が中止となった元WBC世界王者ルイス・ネリ(メキシコ)。WBCは世界ランク1位からランク外とする処分を下したが、米専門誌「ザ・リング」のダグラス・フィッシャー編集長は2020年に見たいマッチアップを7試合リストアップ。WBAスーパー&IBF王者の井上尚弥(大橋)の統一戦とともに、ネリのスーパーバンタム級タイトルマッチを挙げている。

【特集】「泳いで、漕いで、走って」51.5キロ 過酷な競技に魅せられたワケ / トライアスロン・佐藤優香インタビュー(GROWINGへ)

「ボクシングの聖書」と呼ばれるリング誌のフィッシャー編集長は、同サイトの読者との質疑応答企画に登場。「2020年に是非とも見たい試合」というテーマで持論を展開。「マッチメーカーのサンタさんに自分がお願いしたい試合? 君のリストの中で、3試合については2020年に少なくとも1試合は見たい」とした。

 ウェルター級のテレンス・クロフォード(米国)―ショーン・ポーター(米国)、スーパーウェルター級のジュリアン・ウィリアムズ(米国)―ジャレッド・ハード(米国)のタイトルマッチ、スーパーライト級のジョシュ・テイラー(英国)―ホセ・ラミレス(米国)の統一戦実現の希望に同意した。その上で、「私の2020年のお願いリストに挙げたい他のマッチアップがある」と編集長は主張した。

 カネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)―ジャーモール・チャーロ(米国)戦、スーパーフライ級のフアン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)―ローマン・ゴンザレス(ニカラグア)戦、アルツール・ベテルビエフ(ロシア)―ディミトリー・ビエフ(ロシア)のライトヘビー級統一戦、ライト級のワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)―ガーボンタ・デービス(米国)というメガマッチに加え、日本人に馴染みの深いマッチアップも挙げた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集