[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

S/Jリーグ 男子はトナミ運輸が4連覇を達成、女子は日本ユニシスが2年ぶり6度目V

バドミントンの国内団体戦S/Jリーグは、22日に高岡市民体育館でトップ4トーナメントの最終日を迎え、男子はトナミ運輸が4連覇を達成し、女子は日本ユニシスが2年ぶり6度目の優勝を決めた。

女子優勝の日本ユニシス【写真:平野貴也】
女子優勝の日本ユニシス【写真:平野貴也】

高岡市民体育館のトップ4トーナメントで最終日

 バドミントンの国内団体戦S/Jリーグは、22日に高岡市民体育館でトップ4トーナメントの最終日を迎え、男子はトナミ運輸が4連覇を達成し、女子は日本ユニシスが2年ぶり6度目の優勝を決めた。

【特集】人生2度目のマラソンでオリンピック出場内定 可能性を探り続ける探究の道 / マラソン・鈴木亜由子インタビュー(GROWINGへ)

 トナミ運輸は、日本A代表の小林優吾が負傷欠場。小林のパートナーである保木卓朗が、シングルスで世界ランク10位の常山幹太と組んで第1ダブルスに出場し、勝利。シングルスでは西本拳太が、1-2で世界ランク1位の桃田賢斗に敗れたが、第2ダブルスで勝利し、2-1で4連覇を果たした。第2ダブルスに出場したのは、世界ランク3位の園田啓悟/嘉村健士。嘉村は右肩を痛めており、前日の準決勝も出場を見送っていたが「キャプテンとして最後は決めたかったし、出ないと勝てない。国際大会だけ出れば良いわけではないと思っている。会社の人の前で勝って恩返しができたし、両方やるべき大会だと思っている」と強行出場。夏過ぎから違和感を覚えていたというが、ハードスケジュールで休む間がなく、12月の全日本総合選手権で負傷。痛み止めの注射を打ってBWFワールドツアーファイナルズに臨んだが3戦全敗と精彩を欠いていた。この日もスマッシュや低い球を強く打つレシーブなどは打てないというほどの状態だったが、耐え抜いてチームにタイトルをもたらした。

 NTT東日本は、2年連続の準優勝。須賀隆弘監督は「優勝には届かなかったが、力はついている。シングルスの桃田は(1週間前に優勝した)BWFワールドツアーファイナルズの疲労もある中、身を粉にして戦ってくれた。私もチームも感謝している。第2ダブルスに出場した古賀輝/齋藤太一は、A代表に選出していただいたので、経験値を積めば勝負所の点の取り方が分かって来るはず」と総括。試合終了直後に苦痛の表情を浮かべた桃田については「大きなケガではなく、足がけいれんしたと聞いている」と話した。

 女子も優勝した日本ユニシスは、2つのダブルスを制した。第1ダブルスでは、2016年リオデジャネイロ五輪金メダルの高橋礼華/松友美佐紀が、来季のA代表入りが内定している志田千陽/松山奈未に2-1の逆転で勝利。高橋は第2ゲーム途中で右足のもも裏を痛めたが、テーピングの処置でゲームを続行して勝ち切り「あんなに痛い思いをしたことはないくらいだったけど、団体戦の勝利は、個人戦の何倍も嬉しい。団体戦だったから頑張れた部分もある」と笑顔を見せた。シングルスは、高橋沙也加が山口茜との日本A代表対決に敗れたが、第2ダブルスで星千智/東野有紗が2-0で小野菜保/福本真恵七を破った。

 トップ4トーナメントは、男女とも5チームずつ2つのリーグに分かれて行うS/Jリーグの各リーグ上位2位が出場するプレーオフ。大会終了後には、リーグの表彰式が行われた。チーム成績、個人賞は、以下の通り。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集