[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

3位の渋野日向子、後半失速に珍しくイライラ 「ひどいくらいブチ切れていた」と吐露

女子ゴルフのツアー最終戦・LPGAツアー選手権リコー杯は30日、宮崎CC(6535ヤード、パー72)で第3日が行われ、首位と3打差の3位で出た賞金ランク3位の渋野日向子は、5バーディー、4ボギーの通算5アンダーで2打差の3位につけた。賞金ランクトップの鈴木愛、同2位の申ジエはともに17位からスタートし、鈴木は1アンダーの12位、申はイーブンパーの17位。逆転賞金女王には単独2位が最低条件となる渋野は運命の最終日に臨む。

首位と2打差の3位につけた渋野日向子【写真:荒川祐史】
首位と2打差の3位につけた渋野日向子【写真:荒川祐史】

13番パー5を落とし、痛恨の連続ボギー締め「抑え切れないくらいイライラ」

 女子ゴルフのツアー最終戦・LPGAツアー選手権リコー杯は30日、宮崎CC(6535ヤード、パー72)で第3日が行われ、首位と3打差の3位で出た賞金ランク3位の渋野日向子は、5バーディー、4ボギーの通算5アンダーで2打差の3位につけた。賞金ランクトップの鈴木愛、同2位の申ジエはともに17位からスタートし、鈴木は1アンダーの12位、申はイーブンパーの17位。逆転賞金女王には単独2位が最低条件となる渋野は運命の最終日に臨む。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 土曜日の大ギャラリーに囲まれた渋野。5番パー3はグリーン奥のラフに入れてボギーとしたが、6番パー4でバーディーを奪い、代名詞のバウンスバックを披露。8、9番も連続バーディーとし、単独首位に立った。しかし、後半は苦戦。さらにスコアを1つ伸ばして迎えた17番パー4でボギーを叩くと、18番パー4も第1打を左に曲げ、痛恨の連続ボギーでフィニッシュとなった。

 ラウンド後の本人は反省しきりだった。「上がり2つがダメだったので、もう台無しだなと思います。今日は50点くらいかなと思います。もったいなかったなと思います」と自己採点は厳しめ。「今日はひどいくらいぶち切れていた。自分でも抑え切れないくらいイライラだった」と率直な心境を吐露し、理由として13番パー5でパーを取りこぼした場面を挙げた。

「その中でも17番のパーパットが入ってくれたら変わったかもしれないし、18番もあんなに左に行くと思わなかった」と振り返った渋野。「あんまり出しすぎてもいけないと思うので、そこは気をつけないといけないなと。(気持ちのバランスの調整?)難しですね」と苦笑いを浮かべ、反省した。

 逆転優勝とともに賞金女王も十分に射程圏の2打差3位につけたが、自然体を貫く。賞金女王への思いを問われると「全くないです。う~ん、ゼロに近いです」と回答。「今日はたくさんの人に見てもらっていたのに情けないゴルフ。明日はもっといいプレーをするように頑張りたい」と自らを奮い立たせるように言い聞かせた。

 優勝へ向けた鍵を問われると「最後まで諦めないことが大事」と語った渋野。「ショットが良ければスコアになる。そこを修正してあとは気持ちの問題。気持ちが大切だと思います」と運命の最終日に視線を向けた。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集