[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥の今後に影響も? ネリ失格がバンタム級戦線に与える余波…担当記者の目

ボクシングの前WBC世界バンタム級王者ルイス・ネリ(メキシコ)は23日(日本時間24日)に米ラスベガスで前IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦予定だったが、22日(同23日)の前日計量でリミット53.5キロを0.45キロ上回る体重超過を犯し、試合中止となった。WBAスーパー&IBF王者・井上尚弥(大橋)との対戦を熱望していたネリ。海外では、井上の将来的な対戦相手の候補に上げる声もあったが、問題児の失態はバンタム級世界戦線に影響を与えそうだ。

井上尚弥【写真:AP通信】
井上尚弥【写真:AP通信】

ネリが体重超過の計量失格でロドリゲス戦中止、問題児が与えた影響とは

 ボクシングの前WBC世界バンタム級王者ルイス・ネリ(メキシコ)は23日(日本時間24日)に米ラスベガスで前IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦予定だったが、22日(同23日)の前日計量でリミット53.5キロを0.45キロ上回る体重超過を犯し、試合中止となった。WBAスーパー&IBF王者・井上尚弥(大橋)との対戦を熱望していたネリ。海外では、井上の将来的な対戦相手の候補に上げる声もあったが、問題児の失態はバンタム級世界戦線に影響を与えそうだ。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 ボクシングの聖地でネリがまたも騒動を引き起こした。ロドリゲスが一発クリアする中、ネリは1回目の計量で0.45キロオーバー。規定通り2時間の猶予が与えられ、その間は何度でも再計量できたが、ネリは再び計量台に乗ることはなくギブアップ。一時は体重超過したまま試合決行の報道もあったが、中止が決まった。

 ネリは体重超過の常習犯とみなされても仕方がない。18年3月の山中慎介戦で1度目の計量で2.3キロの大幅超過を犯し、再計量でも1.3キロ超過。WBCの王座剥奪となった。体重差のハンデが生まれたまま試合は決行され、2回TKO勝ち。ネリは今年7月の元WBAスーパー王者フアンカルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)戦でも1度目の計量でオーバーした末に再計量をクリアしていた。

 今回、体重差のハンデを受けるロドリゲスが合意しなかったのは、驚きのない判断。この試合は、WBC王者ノルディ・ウーバーリ(フランス)への挑戦者決定戦で、勝者が世界挑戦できるはずだった。王座返り咲きを狙っていたネリは、井上との将来的な対戦を熱望していたが、戦いのリングに上がることすらできず。井上戦が遠のく結末となった。

 現在のバンタム級はWBA、WBC、IBF、WBOの主要4団体のうち、井上がWBAスーパー、IBFの2団体を保持。WBC王者にウーバーリ、WBO王者にはゾラニ・テテ(南アフリカ)がいる。テテは30日に英・バーミンガムアリーナでWBO暫定王者ジョンリル・カシメロ(フィリピン)と団体内王座統一戦を予定している。

 井上にはバンタム級トップの実力者として、テテやネリら海外選手から対戦希望の声が多く上がっていた。元世界スーパーバンタム級王者ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)もその一人。リゴンドーは1つ下のバンタム級に下げ、12月に元世界王者リボリオ・ソリス(ベネズエラ)と空位のWBA正規王座決定戦を行うとされている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集