[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • なぜ、松山はメジャー初Vを逃したのか 米メディアが見た「ターニングポイント」とは

なぜ、松山はメジャー初Vを逃したのか 米メディアが見た「ターニングポイント」とは

海外男子ゴルフの全米プロゴルフ選手権(クウェイルホローC)最終日は13日(日本時間14日)、2位タイから出た松山英樹(レクサス)が5バーディー、6ボギーの「72」でスコアを1つ落とし、通算5アンダーの5位タイ。日本人初のメジャータイトルを逃した。サンデーバックナインに単独首位で入りながらV逸した理由について、米メディアはパターにあると分析している。

全米プロ選手権、前半戦首位ターンも…米メディア分析「乱調のパターが失速に導いた」

 海外男子ゴルフの全米プロゴルフ選手権(クウェイルホローC)最終日は13日(日本時間14日)、2位タイから出た松山英樹(レクサス)が5バーディー、6ボギーの「72」でスコアを1つ落とし、通算5アンダーの5位タイ。日本人初のメジャータイトルを逃した。サンデーバックナインに単独首位で入りながらV逸した理由について、米メディアはパターにあると分析している。

 なぜ、松山は負けたのか。「乱調のパターが松山を失速に導いた」と報じたのは、米ゴルフ専門局「ゴルフチャンネル」だ。

 松山は前半でスコアを1つ伸ばし、7アンダーの単独首位ターン。しかも、後半出だしの10番でバーディー発進した。しかし、直後の12番から3連続ボギーを喫するなど失速し、最終的には優勝したジャスティン・トーマス(米国)と3打差をつけられた。

「誰もが待ち望んでいた日本人初の男子メジャー大会優勝はまたもお預けとなった。前半で首位を折り返すも、突然の失速に苛まれた。しかし、その布石はパターの場面に垣間見えた」

 記事では、このように分析。1、2番と序盤からバーディーパットを外したことを紹介した上で「この日、彼はグリーン上で本領を全く発揮することができなかった。動揺が見えたマツヤマはその後、バーディーを捉えるもボギーを連発するなど、浮き沈みの激しい不安定なプレーが続くことになった」と評した。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー