[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • なぜ、松山はメジャー初Vを逃したのか 米メディアが見た「ターニングポイント」とは

なぜ、松山はメジャー初Vを逃したのか 米メディアが見た「ターニングポイント」とは

「痛恨のミス」となった16番「これが今大会のターニングポイントとなった」

 なかでも、首位と1打差につけていた16番では、なんとしても決めたかったパーパットを外し、記事では運命を分けることになったと分析している。

「痛恨のミス。結果的にこれが今大会のターニングポイントとなった。その後、ショットを水に入れてしまうなど、パターの不調がマツヤマに乱すことになった」

 松山といえば、前週のブリヂストン招待最終日でタイガー・ウッズ(米国)と並ぶ大会タイ記録の「61」をマークしたように、日曜日の「ヒデキ・チャージ」が代名詞だったが、本領を発揮することはできなかった。

「コースがとてもタフだった。ピンに関しては受け止めなければならない。僕はただただ自分のプレーに落胆している。今年最後のメジャー大会、僕の戦いは終わった。僕に今できることは、次の戦いを見据えて、より厳しく取り組むことだけ」

 記事によると、こう語ったという松山。ホールアウト直後のインタビューでは、足りなかったものについて「考えます」とだけ話し、涙も見せていた。収穫と課題を胸にして、新たなスタートを切る。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー