[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • こんな発想できる? 全米プロで“後ろ向きショット”に衝撃「あったのは創造性」

こんな発想できる? 全米プロで“後ろ向きショット”に衝撃「あったのは創造性」

ジャスティン・トーマス(米国)の初優勝で幕を閉じた男子ゴルフの全米プロゴルフ選手権。日本の松山英樹(レクサス)のメジャー初Vなるかが世界にも注目された最終日だったが、仰天の背面打ちが飛び出し、話題を呼んでいる。グリーンに背を向け、アイアンを前から後ろへ振り抜くという斬新すぎるアプローチを「ただただアメージング。こんな発想できるか?」などと速報し、衝撃が広がった。

ラームが背を向け、右手一本で神技グリーンオン…海外メディア騒然「ただただアメージング」

 ジャスティン・トーマス(米国)の初優勝で幕を閉じた男子ゴルフの全米プロゴルフ選手権。日本の松山英樹(レクサス)のメジャー初Vなるかが世界にも注目された最終日だったが、仰天の背面打ちが飛び出し、話題を呼んでいる。グリーンに背を向け、アイアンを前から後ろへ振り抜くという斬新すぎるアプローチを「ただただアメージング。こんな発想できるか?」などと速報し、衝撃が広がった。

 彼は後ろを向くしかなかったのか。仰天の“後ろ向きショット”を放ったのは、ジョン・ラーム(スペイン)だ。

 18番パー5。第2打でつけたのは、フェアウェーに縦に沿って位置するクリークの右だ。しかし、水が流れる溝への傾斜は急で、しかも幅は50センチほどしかなく、右打ちのラームは構えるスペースを取ることができない。すると、アプローチへ受け、22歳のスペイン人は驚きの行動に出る。なんと、アイアンを持ってグリーンに背を向けたのだ。

 そして、後ろを振り返って位置を確認しながら、右手一本でアイアンを前から後ろへ振り抜き、きっちりとボールを捉えた。すぐさま振り向いたラームの視線の先でボールは真っ直ぐに飛び、バウンドしながらグリーンへ。見事にアプローチを成功させた。打っただけで歓声を上げていたギャラリーもグリーンオンに喝采を送っていた。

 驚異の「後ろ向きアプローチ」に、海外メディアも続々と動画をつけて速報した。

1 2 3
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー