[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

坂本花織、自己最高更新の3位 全選手トップのPCSを米記者絶賛「完全にそれに値する」

フィギュアスケートの国別対抗戦が11日、マリンメッセ福岡で開幕。注目の女子ショートプログラム(SP)ではグランプリ(GP)ファイナル女王の紀平梨花(関大KFSC)がSP史上最高得点の83.97点を叩き出し、首位スタートを決めた。一方で全日本女王の坂本花織(シスメックス)も完璧な演技で76.95点をマーク。自己ベストを更新し3位となった。PCS(演技構成点)は36.00点で、紀平を上回りトップだった。米記者は「完全にそれに値する」と称賛している。

自己ベスト更新で3位の坂本花織【写真:Getty Images】
自己ベスト更新で3位の坂本花織【写真:Getty Images】

坂本は表現力で紀平、トゥクタミシェワを上回りトップ

 フィギュアスケートの国別対抗戦が11日、マリンメッセ福岡で開幕。注目の女子ショートプログラム(SP)ではグランプリ(GP)ファイナル女王の紀平梨花(関大KFSC)がSP史上最高得点の83.97点を叩き出し、首位スタートを決めた。一方で全日本女王の坂本花織(シスメックス)も完璧な演技で76.95点をマーク。自己ベストを更新し3位となった。PCS(演技構成点)は36.00点で、紀平を上回りトップだった。米記者は「完全にそれに値する」と称賛している。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 紀平が衝撃の演技を披露したどよめきがまだ残る中で、最終滑走で登場した坂本も全日本女王のプライドを見せつけた。

 冒頭の3回転フリップ―3回転トウループの連続ジャンプを美しく決め、続くダブルアクセル、後半の3回転ループも完璧に降りた。坂本らしいダイナミックな演技で、自己ベストを更新する76.95点。紀平、エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)に続く3位に入った。

 表現力を示すPCSは36.00点で紀平(35.80点)、トゥクタミシェワ(34.68点)を上回りトップ。スケーティング技術や、つなぎの部分での高く評価された。米の名物記者ジャッキー・ウォン氏も自身のツイッターで坂本について「大会最高PCS、完全にそれに値する」と称賛している。

(THE ANSWER編集部)

プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集