[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥に「勝ちに行く」 ロドリゲスも自信満々「常にベストの相手と戦いたい」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でWBA世界王者・井上尚弥(大橋)は5月18日にスコットランド・グラスゴーでIBF世界王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦することが正式決定した。17勝(15KO)無敗の“モンスター”に対して、ロドリゲスも19勝(12KO)で無敗。事実上の決勝とも目される大一番へ、IBF王者は必勝を誓っている。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

準決勝の日程が決まり、IBF王者ロドリゲスもヒートアップ

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でWBA世界王者・井上尚弥(大橋)は5月18日にスコットランド・グラスゴーでIBF世界王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦することが正式決定した。17勝(15KO)無敗の“モンスター”に対して、ロドリゲスも19勝(12KO)で無敗。事実上の決勝とも目される大一番へ、IBF王者は必勝を誓っている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 ようやく決まった井上―ロドリゲスのセミファイナル。下馬評は井上の有利が予想されているが、ロドリゲスも決して侮れない相手だ。井上陣営は早くから出場者の中で最大の強敵と目していた。

 英専門誌「ボクシングニュース」は「モンスター、ナオヤ・イノウエがグラスゴーにやってくる」と題した記事の中で、ロドリゲスの意気込みを紹介している。

「一生を通して、この瞬間を待ちわびてきた。私は常にベストの相手との戦いを求めてきた。そして今、私はボクシングの記者やファンにとってベストと考えられている相手と戦う。私やチームやプエルトリコにとって大きなモチベーションだ。任せろ」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集