[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ベイル、最大12試合出場停止… 問題シーンにBBCも不快感「挑発的とみなされる」

海外サッカー、スペイン1部レアル・マドリードのウェールズ代表FWガレス・ベイルの振る舞いが波紋を広げている。9日のリーガ第23節、アトレチコ・マドリードとのダービーマッチに3-1で快勝。ベイルは3点目を決めたが、問題視されているのは、その後のゴールパフォーマンス。海外メディアは実際のパフォーマンスの画像を公開。また、報道では最大で12試合の出場停止処分が科される可能性があると伝えている。

ガレス・ベイル【写真:Getty Images】
ガレス・ベイル【写真:Getty Images】

マドリードダービーでのゴールパフォーマンスが物議

 海外サッカー、スペイン1部レアル・マドリードのウェールズ代表FWガレス・ベイルの振る舞いが波紋を広げている。9日のリーガ第23節、アトレチコ・マドリードとのダービーマッチに3-1で快勝。ベイルは3点目を決めたが、問題視されているのは、その後のゴールパフォーマンス。海外メディアは実際のパフォーマンスの画像を公開。また、報道では最大で12試合の出場停止処分が科される可能性があると伝えている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 マドリードダービーでのベイルのゴールパフォーマンスが物議を醸している。3点目を決めた後、ベイルは右肘を立てるように折り曲げ、左手をその右肘に乗せるようなポーズを作った。これが相手を挑発、侮辱する行為と問題視されている。

 実際のシーンの画像をスペイン紙「ムンド・デポルティーボ」が公式ツイッターで公開。また、同紙の電子版でも「ラ・リーガがベイルの行為を非難する」と特集している。

 記事では、リーガがべイルのパフォーマンスについてスペインサッカー連盟の協議委員会に報告したと伝え、リーガのコメントを紹介している。

「73分にレアル・マドリードのセンターフォワード、ガレス・ベイルが3点目のゴール後にパフォーマンスをして、地元のファンの一部からブーイングを浴びた。後に見せたジェスチャーは、実に不快で、軽蔑的な意味合いが込められていた」

 同紙によると、リーガはこうコメントし、不快感を示している。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集