[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、未来の殿堂入りを米メディアが有力視「その事実を言い争うことできない」

国際ボクシング殿堂は5日に2019年度の新たな殿堂入りを発表。ドナルド・カリー、ジュリアン・ジャクソン、バディ・マクガートという3人の2階級制覇王者が選ばれた。日本人では元バンタム級世界王者のファイティング原田氏ら、過去5人が選出されているボクシング界の聖堂で、米メディアは将来的に殿堂入りするファイターを予想。WBA世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)も有力候補に堂々選出されている。

WBA世界バンタム級王者の井上尚弥【写真:Getty Images】
WBA世界バンタム級王者の井上尚弥【写真:Getty Images】

殿堂入り予想企画で井上を有力候補のカテゴリーで選出

 国際ボクシング殿堂は5日に2019年度の新たな殿堂入りを発表。ドナルド・カリー、ジュリアン・ジャクソン、バディ・マクガートという3人の2階級制覇王者が選ばれた。日本人では元バンタム級世界王者のファイティング原田氏ら、過去5人が選出されているボクシング界の聖堂で、米メディアは将来的に殿堂入りするファイターを予想。WBA世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)も有力候補に堂々選出されている。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手 西村拳選手(GROWINGへ)

 未来の殿堂入りファイターの予想企画を行ったのは、米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」だった。現在30歳以下の選手を条件に殿堂入りの可否を占い、「絶対確実」のカテゴリーに選出された猛者は3人だ。

 世界3階級制覇王者のワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)、同レオ・サンタクルス(メキシコ)、世界4階級制覇王者のマイキー・ガルシア(米国)の30歳トリオが選出されている。そして、2番手の「任務あり」のカテゴリーで、井上は名だたる王者とともにノミネートされている。

 世界ヘビー級3団体統一のアンソニー・ジョシュア(英国)、IBF世界ウエルター級王者エロール・スペンスJr.(米国)、世界2階級王者のカネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)というスーパースターとともに選出。井上について、寸評ではこう絶賛している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕、徹底ライブ中継に見逃し配信も
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集