[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ウェイド、盟友レブロンとの“最後の対決”直後の抱擁に米感動「2人とも泣きそうだ」

米プロバスケットボールのNBAは10日(日本時間11日)、レイカーズが本拠地ヒート戦にで108-105で勝利した。この試合で話題を集めたのが、今季限りで現役引退を表明しているヒートのドウェイン・ウェイドとレイカーズの盟友レブロン・ジェームズと“最後の対決”。試合が終わった瞬間、コート上で熱い抱擁を交わしたシーンを米メディアが動画付きで公開し、「2人とも泣きそうじゃないか」「史上最も偉大なデュオ」などと感動が広がっている。

試合後に語らいあうドウェイン・ウェイドとレブロン・ジェームズ【写真:Getty Images】
試合後に語らいあうドウェイン・ウェイドとレブロン・ジェームズ【写真:Getty Images】

試合終了直後、コート上で抱擁したシーンに反響「史上最も偉大なデュオ」

 米プロバスケットボールのNBAは10日(日本時間11日)、レイカーズが本拠地ヒート戦にで108-105で勝利した。この試合で話題を集めたのが、今季限りで現役引退を表明しているヒートのドウェイン・ウェイドとレイカーズの盟友レブロン・ジェームズと“最後の対決”。試合が終わった瞬間、コート上で熱い抱擁を交わしたシーンを米メディアが動画付きで公開し、「2人とも泣きそうじゃないか」「史上最も偉大なデュオ」などと感動が広がっている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 もう、この2人が並んでコートに立つことは見られないのか。誰よりも感慨深かったのは、本人同士だった。

 ジェームズが28得点、途中出場のウェイドは15得点をマーク。そして、迎えた試合終了のブザーが鳴ると、コート上で2人はすぐに抱き合った。まるで子供のように笑みを浮かべ、がっちりと抱擁。すると、テレビカメラが2人の周りを囲んだ。そんな面前で肩で息を切らしながら、互いに声をかけ合う。次第に表情は感極まっているように見える。

 最後にがっちり握手を交わし、再び抱き合った。米スポーツ専門局「ESPN」の番組「スポーツセンター」公式インスタグラムが実際のシーンを動画付きで公開すると、米ファンはコメント欄で「一流の流儀」「2人とも泣きそうじゃないか」「偉大なコンテンツをありがとう」「史上最も偉大なデュオ」「2人の史上最高だ」と感動した様子だった。

 米ヤフースポーツによると、ウェイドは「ここで終わらせてくれてありがとう」と声をかけると、ジェームズは「ここか(マディソン・スクエア)ガーデンのどちらか、それしかない。これを終わらせる場所はそれしかないよ」と返していたという。ニックスの本拠地マディソン・スクエア・ガーデンは2003年ドラフトで2人が指名された場所だ。

 同じ年にNBA入りし、ともにスーパースターに成り上がり、チームメートだったヒート時代は12年からNBAファイナル連覇を達成した良きライバルであり、良き盟友でもある。そんな2人が“最後の対決”直後に見せた抱擁は感動を呼んだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集