[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥「全世界のファンに強い姿をアピールしたい」 海外向け会見で意気込み

ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は7日、横浜アリーナで行われるワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級トーナメント1回戦で元WBA同級スーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を迎え撃つ。5日には都内で記者会見が行われた。

都内での記者会見に臨んだ井上尚弥とフアン・カルロス・パヤノ【写真:荒川祐史】
都内での記者会見に臨んだ井上尚弥とフアン・カルロス・パヤノ【写真:荒川祐史】

WBSSまで2日、会見で世界へ向けた意気込み語る

 ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は7日、横浜アリーナで行われるワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級トーナメント1回戦で元WBA同級スーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を迎え撃つ。5日には都内で記者会見が行われた。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 英の大手ブックメーカーでは井上勝利に「1.03倍」のオッズをつけるなど、圧倒的優位が予想されている。だが、慢心はみじんもない。先だって行われた海外メディア向けの記者会見では、「対戦相手のパヤノ選手はキャリアもあり、驚異的です。自分のボクシングを出し切りたい」と謙虚に意気込みを語った。

 WBSSバンタム級トーナメントの開幕カードは記念すべき日本での開催。世界中の注目を集める垂涎のカードだ。世界30か国での生中継が決まっているが、井上は「日本で開催できることをすべての関係者にお礼を申し上げたい」と感謝を述べつつ、「明後日は全国、全世界のボクシングファンに向けて更なる強い井上尚弥をアピールしたいと思います」と視線を国外にも向けていた。

 その後行われた、日本の報道陣向けの会見では「コンディションは過去最高。いい状態に仕上がっている。当日最高の状態でリングに上がりたい」と絶好調をアピール。高い注目度については、「いつも以上のパフォーマンスを発揮して、しっかりと井上尚弥のボクシングを見せられたら。自分自身に期待をしてボクシングをしたい」と力強かった。

 デビューから圧倒的な内容で16戦全勝(14KO)。軽量級のスーパースターとして海外からも熱い視線を集める井上。リング誌の「パウンド・フォー・パウンド」でも7位にランク付けされている。スーパーフライ級時代は強い相手とのマッチアップを望みながらも、強すぎるがゆえに対戦が実現しなかった。バンタム級へ階級を上げて2戦目。各団体の王者が勢ぞろいする、今回の頂上決戦ならその心配はない。井上の衝撃的な強さに、再び世界が震撼するか――。決戦のゴングはまもなくだ。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集