[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

北京の英雄がそろい踏み、完全投球の上野が山田の先制弾を称賛「勢いつけてくれた」

2020年の東京五輪で正式競技として復活したソフトボール。その前哨戦に位置づけられる第16回世界選手権が2日、千葉・成田市のナスパ・スタジアムで開幕。世界ランク2位の日本が、同9位のイタリアとの開幕戦に臨み、9―0で6回コールド勝ち。2014年以来、2大会ぶりの優勝へ好発進を決めた。

(写真左から)上野由岐子、宇津木麗華監督、山田恵里【写真:荒川祐史】
(写真左から)上野由岐子、宇津木麗華監督、山田恵里【写真:荒川祐史】

ソフトボール世界選手権開幕戦、4回パーフェクトの上野「ゲーム勘まだまだ」

 2020年の東京五輪で正式競技として復活したソフトボール。その前哨戦に位置づけられる第16回世界選手権が2日、千葉・成田市のナスパ・スタジアムで開幕。世界ランク2位の日本が、同9位のイタリアとの開幕戦に臨み、9―0で6回コールド勝ち。2014年以来、2大会ぶりの優勝へ好発進を決めた。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 長きに渡りソフトボール界をけん引してきた投打の柱がそろい踏み。地元の声援もバックに、日本がまずは快勝発進を決めた。開幕投手を務めた上野由岐子投手(ビックカメラ高崎)が4回で打者12人から8奪三振を奪うパーフェクト投球。格の違いを見せつけ、「コールドで終われたことは良かった。色々な意味での緊張感がある中で、しっかりと流れを作るような投球をしようと思った。個人的にはあまり思っているところに投げられず、ゲーム勘はまだまだ。ノーヒットに抑えられたので結果には満足しています」と淡々と振り返った。

 上野を援護したのが、主将の山田恵里中堅手(日立)だ。初回、初球を左越えに運ぶ先頭打者アーチ。大事な初戦で勢いに乗せるには、これ以上ない先制パンチを見舞った。「初球から打ちに行くと決めていた。狙っていたボールだったので、思い切っていきました」と汗をぬぐった。

 36歳の上野と、34歳の山田。2人は共に2008年の北京五輪金メダルに貢献した、日本ソフトボール界のレジェンドだ。10年前の米国との決勝戦、この日と同じように上野が抑え、山田が一発を放ち、頂点に立った。あの時を知っているのは、メンバーの中で2人だけだ。五輪競技から除外され、目標を見失いかけながらも、それでもプレーし続けた両者。目指す場所の復活に燃えないわけがない。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集