[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

米元・田中組、「勇気のクリア」で8強入り 圧倒的アウェーで中国ペアを撃破

バドミントンの世界選手権は2日に中国・南京市のユースオリンピック公園アリーナで第4日を行い、女子ダブルスの米元小春、田中志穂組(北都銀行)は、第12シードの中国ペアをストレート(21-18、21-19)で破ってベスト8入りを決めた。

女子ダブルスの米元小春、田中志穂組【写真:大会公式サイト】
女子ダブルスの米元小春、田中志穂組【写真:大会公式サイト】

地元・中国ペアにストレート勝ち「コートをしっかりと見ながら入れた」

 バドミントンの世界選手権は2日に中国・南京市のユースオリンピック公園アリーナで第4日を行い、女子ダブルスの米元小春、田中志穂組(北都銀行)は、第12シードの中国ペアをストレート(21-18、21-19)で破ってベスト8入りを決めた。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

 圧倒的なアウェーの雰囲気を乗り越え、ストレートで勝ってみせた。田中は「試合のビデオを見て、相手のアタック力がどれだけすごいかは分かっていたし、準備して入れた」と対策が効果的だったことを明かした。強打が持ち味の長身選手を巧みに攻略した。米元は「(長身の)于小含選手が後衛に回っても、自分たちがしっかり、後衛に振って動かしていくんだと意識していたし、相手の攻撃に入らない配球を意識していた。打って来てくれて、逆に自分たちがコートをしっかりと見ながら入れた」と話した。

 最初から最後までできたわけではない。長身で強打が持ち味の選手が後衛に回ると、コート奥へ返すクリアを高い位置から打たれる可能性がある。理想的な展開とは考えにくい。しかし、相手の強打に臆してしまえば、こちらが打つショットを限定され、あらゆるショットに対応される悪循環に陥る危険性もあるのだ。第2ゲームは16-13とリードした場面から5連続失点を食らって16-18と逆転を許した。米元は「風上にいて、球を(低い位置に)落として攻撃の展開を作ろうとし過ぎても、どんどん小さいプレーになって、相手がコートの前方に突っ込んで来る形になって、ネット前からのプレーで(前後左右に)振られてしまっていた。1回、レシーブをして、相手の後ろを使えるようになってからは、点が取れるようになった」と球が甘くなれば強打されるというリスクを負って、相手コート奥へクリアを打つ展開を選んでいた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集