[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

初黒星の京口紘人「ダウン後は記憶飛び飛び」 拳四朗を称賛「8度防衛した強さ肌で感じた」

ボクシングのWBC&WBAスーパー世界ライトフライ級(48.9キロ以下)2団体王座統一戦12回戦が1日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBC王者・寺地拳四朗(BMB)とWBAスーパー王者・京口紘人(ワタナベ)が対戦した。寺地が7回2分36秒TKO勝ちで日本人5人目の複数団体王座統一に成功。敗れた京口は「悔しい気持ちでいっぱいです」と無念さをにじませた。

試合終了後、会見に出席した京口紘人【写真:荒川祐史】
試合終了後、会見に出席した京口紘人【写真:荒川祐史】

Amazon プライム・ビデオで独占生配信

 ボクシングのWBC&WBAスーパー世界ライトフライ級(48.9キロ以下)2団体王座統一戦12回戦が1日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBC王者・寺地拳四朗(BMB)とWBAスーパー王者・京口紘人(ワタナベ)が対戦した。寺地が7回2分36秒TKO勝ちで日本人5人目の複数団体王座統一に成功。敗れた京口は「悔しい気持ちでいっぱいです」と無念さをにじませた。

 記者会見場に「ありがとうございました」と大きな声で入ってきた京口。「こんな時間までありがとうございました。楽しんでもらえたファンの方はたくさんいると思うけど、自分は結果出せなかったので悔しい気持ちでいっぱいです」と開口一番、語った。

 5回のダウン後の反撃で見せ場を作ったが、これについては「見てくれていた人に、ダウンした後の反撃が良かったと聞いたけど、自分としては記憶が飛び飛び。反撃というのはトレーニングしていたから出たのだと思います。結果が出なかったのは正直悔しい。あの時良かったと言うのはまだ振り返れない。ただやり切ったというのはあります」と振り返った。

 寺地の印象について「戦前から一級品のジャブを打つというのはわかって、この試合に向けて調整してきた。そのジャブは思った以上に強いジャブで、どうしようかなと思う中、WBCチャンピオンですし、やっぱり強いですね。戦いながらどう崩そうかなと考えていましたが、8度防衛したチャンピオンなので、その強さを肌で感じました」と勝者を称えた。

 プロ初黒星については「応援してくれた人の数というのも違うので、プロでの1敗は違う。人間いつかこういう負けというのは来ると思っていたけど、負けたというよりサポートがあった中で結果を出せなかったのが悔しいですね。自分は小さい頃から結果を出してきた人間ではなかったですが、支えてくれた方に勝った姿を見せたかったです」と唇をかんだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集