[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥をバトラーが分析 英メディアに語った注意点とは「タイミングが良いから…」

ボクシングのWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級3団体統一王者・井上尚弥(大橋)は12月13日、東京・有明アリーナでWBO世界同級王者・ポール・バトラー(英国)と4団体王座統一戦を行う。番狂わせを狙うバトラーは英メディアに対し「彼のタイミングは優れているから、ずらさなきゃいけない」と警戒心を露わにした。

井上尚弥と背後のボードに写るポール・バトラー【写真:浜田洋平】
井上尚弥と背後のボードに写るポール・バトラー【写真:浜田洋平】

井上の「タイミング」と「ロープ際」に警戒心露わ

 ボクシングのWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級3団体統一王者・井上尚弥(大橋)は12月13日、東京・有明アリーナでWBO世界同級王者・ポール・バトラー(英国)と4団体王座統一戦を行う。番狂わせを狙うバトラーは英メディアに対し「彼のタイミングは優れているから、ずらさなきゃいけない」と警戒心を露わにした。

 英専門メディア「ボクシング・ソーシャル」の公式YouTubeに登場したバトラー。打倒・井上に向けた対策について聞かれると、「彼の(パンチの)タイミングは非常に優れている。だからフェイントをかけ続け、ずらさなきゃいけない」と回答。「俺もタイミングとフットワークは良い。相手を自分のペースに引き込むのが好きなんだ」と主導権争いに自信を示し、4月の暫定王座決定戦での経験をこのように話した。

「スルタンはプレッシャーを掛けたがったけど、自分のペースに持って行った。脚を使って角度を見つけてね。俺はリングのスペースがどこにあるのか常に分かっているから、コーナーに追い込まれて打たれるような選手じゃないよ。どこにスペースがあるかは子どものころから教えられてきたからね」

 現在は井上の映像を見て、優れている点を探している最中だと明かしたバトラー。「彼は相手をロープに追い込んだら仕留める。圧力をかけて下がらせ、ロープ際まで行ったら打ち込んでくる。彼は一発で仕留めてくるんだ。それを許さないようにするのが自分の仕事さ」と分析していた。

 バトラーは4月にWBO王者だったジョンリエル・カシメロ(フィリピン)への世界挑戦を予定していたが、カシメロの規定違反により試合中止となった。代替開催された暫定王座決定戦で、同級4位ジョナス・スルタン(フィリピン)に判定勝ち。5月にカシメロの王座剥奪に伴い、バトラーが正規王者に昇格していた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集