[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 珍事?それとも快挙? NZの障害レースで落馬転倒→再騎乗→1着の奇跡が話題に

珍事?それとも快挙? NZの障害レースで落馬転倒→再騎乗→1着の奇跡が話題に

ニュージーランドの競馬の障害レースで、信じられないような出来事が起きた。騎手が一度落馬したが、再騎乗。それだけでも驚きだが、なんと1着でゴールしたのだ。驚愕のシーンを米スポーツ専門局「ESPN」のスポーツ情報番組「スポーツセンター」の公式インスタグラムが動画で公開。現地メディアも詳細をレポートしている。

落馬後もレースを続けたアーロン・クル騎手とデドゥジュ(写真はサイトのスクリーンショットです)
落馬後もレースを続けたアーロン・クル騎手とデドゥジュ(写真はサイトのスクリーンショットです)

NZの障害レースで起きた衝撃のレースに米放送局も注目

 ニュージーランドの競馬の障害レースで、信じられないような出来事が起きた。騎手が一度落馬したが、再騎乗。それだけでも驚きだが、なんと1着でゴールしたのだ。驚愕のシーンを米スポーツ専門局「ESPN」のスポーツ情報番組「スポーツセンター」の公式インスタグラムが動画で公開。現地メディアも詳細をレポートしている。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 前代未聞の珍事というべきか、諦めない頑張りに感動というべきか……。障害で転倒し落馬→再騎乗してまさかの1着入線という奇跡のレースの模様を伝えているのは、ニュージーランドメディア「Stuff」だった。

「アーロン・クル騎手が、彼の馬デドゥジュの第一障害での激しい転倒の後で、最も特筆すべき馬術の一つを発揮した」

 記事ではまずこう伝えている。舞台は16日に行われた3200メートルの障害レース。2番人気で有力馬の一角として出走していたデドゥジュの転倒落馬シーンに言及している。

「5歳のせん馬は激しい転倒で全てのチャンスを失ったかに見えた」

「しかし馬の横に滑り落ちたクル騎手はデドゥジュが立ち上がると同時に、鞍に再び飛び乗った。コース近くの係員と意見を交わして問題解決に少しの時間を費やすと、クル騎手はレースに復帰し先頭集団を追いかけていった」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー