[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、6回91球0封直後に25号 偉業許した敵選手が唖然「正直、表現すらできない」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、敵地アスレチックス戦に「2番・投手兼DH」で先発し、6回4安打5奪三振で無失点、25号ソロも放った。自己最多の10勝目を挙げ、1918年ベーブ・ルース以来104年ぶりの「2桁勝利&2桁本塁打」を達成。相手選手は「正直、表現すらできない」とお手上げだった。

7回に右越えの25号ソロを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
7回に右越えの25号ソロを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷翔平が104年ぶり偉業達成

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、敵地アスレチックス戦に「2番・投手兼DH」で先発し、6回4安打5奪三振で無失点、25号ソロも放った。自己最多の10勝目を挙げ、1918年ベーブ・ルース以来104年ぶりの「2桁勝利&2桁本塁打」を達成。相手選手は「正直、表現すらできない」とお手上げだった。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 大谷が歴史的一日を終えた。3回に日米通算1000奪三振を達成。さらに投手強襲のライナーを左脚付近に受けながら、5回先頭では激走の二塁内野安打。なおも無死一、二塁でウォードの左越え3ランを呼び込んだ。6回無失点に抑えると、7回先頭で右越えの25号ソロ。イチローを超える日本人歴代2位のメジャー通算118本塁打と投打で爆発した。

 米カリフォルニア州地元紙「サンフランシスコ・クロニクル」は、ビマエル・マチン三塁手のコメントを紹介。大谷の25号直後は「打球を見送って、球審と三塁コーチを見てから、『彼がどうやったのか分からない』って感じだったよ」と唖然としたという。

 大谷は本塁打の前に6回無失点に抑えていた。マチンは大谷に二ゴロ、死球、右前打。「100マイルを投げられて、切れ味鋭い変化球もある。それに加えてあんな打球を打てるんだ。正直に言って、表現すらできない」と脱帽した。「自分もあんなことできたらなって思うよ」と羨ましさも滲ませたという。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集