[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、降板後もチームプレー 7回マウンドに行った理由を米報道「時間稼ぎだ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、敵地アスレチックス戦に「2番・投手兼DH」で先発し、MLBでは1918年ベーブ・ルース以来104年ぶりの2桁勝利&2桁本塁打を達成した。そんな中、降板となった7回の大谷の行動に注目。マウンドに行きかけて止められていたが、実は“演技”だったという。米記者が伝えた。

「2番・投手兼DH」で先発し、104年ぶりの偉業を達成したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
「2番・投手兼DH」で先発し、104年ぶりの偉業を達成したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

大谷翔平、7回は降板と知りながらマウンドへ

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、敵地アスレチックス戦に「2番・投手兼DH」で先発し、MLBでは1918年ベーブ・ルース以来104年ぶりの2桁勝利&2桁本塁打を達成した。そんな中、降板となった7回の大谷の行動に注目。マウンドに行きかけて止められていたが、実は“演技”だったという。米記者が伝えた。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 大谷の続投志願かと思われた。本塁打直後の7回裏が始まる直前。大谷とベンチに不可解な動きが見られた。マウンドに上がろうと帽子をかぶり直しながらベンチを出た大谷。だが、ネビン監督代行はこれを制して球審に投手交代を告げた。大谷が怪訝そうな表情を見せてそのままベンチに戻ったため、何が起こったのかわかりにくい状況だった。

 米カリフォルニア州地元局「バリー・スポーツ・ウェスト」公式ツイッターは、ネビン監督代行のコメントを紹介。この場面について「自分が球審のところに、怪我だから彼(大谷)を代えると言いに行ったんだ。彼(大谷)は、ジミー(ハーゲット)が急いで準備するはめにならないように行こうとしたんだよ。ジミーには時間が必要だったからね」と説明した。

 また、米カリフォルニア州地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」のエンゼルス番ジェフ・フレッチャー記者は「オオタニは7回にマウンドへ向かおうとした時、自分が投げないことは知っていた。彼はジミー・ハゲットがウォームアップする時間を稼ぐために出ていこうとした。しかし、ネビンがその必要はないと伝えた」と解説。降板したことを知りながら“演技”をしたチームプレー。ベーブ・ルースに続く偉業の裏で大谷の細かな心配りが光った。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集