[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

田中希実「かなり限界」も全体14着で5000m決勝へ レース後は倒れこむ「粘れ粘れと…」【世界陸上】

オレゴン世界陸上が20日(日本時間21日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第6日が行われた。女子5000メートル予選では、田中希実(豊田自動織機)が15分00秒21の2組9着。各組上位5着+5人のタイムで拾われ、23日(同24日)の決勝に2大会連続進出を決めた。廣中璃梨佳(日本郵政グループ)は15分02秒03の1組7着、萩谷楓(エディオン)は15分53秒39の同14着で敗退した。レース後の取材では「かなり限界が来ていた」とレース後半を振り返った。

世界陸上、女子5000メートルで決勝進出を決めた田中希実【写真:Getty Images】
世界陸上、女子5000メートルで決勝進出を決めた田中希実【写真:Getty Images】

オレゴン世界陸上

 オレゴン世界陸上が20日(日本時間21日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第6日が行われた。女子5000メートル予選では、田中希実(豊田自動織機)が15分00秒21の2組9着。各組上位5着+5人のタイムで拾われ、23日(同24日)の決勝に2大会連続進出を決めた。廣中璃梨佳(日本郵政グループ)は15分02秒03の1組7着、萩谷楓(エディオン)は15分53秒39の同14着で敗退した。レース後の取材では「かなり限界が来ていた」とレース後半を振り返った。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 22歳の田中は前回2019年ドーハ大会で5000メートル14位。2度目の出場となった今大会は800メートル、1500メートル、5000メートルと日本初の個人3種目に挑戦する。1500メートルは日本人で初めて準決勝に進出したが、組7着で決勝には残れず。この日で今大会3本目のレースとなり、21日(同22日)には800メートル予選を控えている。

 この日は9人で形成された上位集団につけたが、残り600メートル付近からペースが上がり、離された。なんとか粘って9着。今季自己ベストで決勝進出を決めた。全体では14着。トラックに倒れこみ、動けなくなるほど力を出し切っていた。

 レース後の取材に対し、田中は「かなりキツくて、引っかけたんですけど、集団から離れたらいけないと思い、食らいつこうと。ラスト600メートルの時点でかなり限界が来ていた」と後半の過酷さを明かした。

 決勝進出の決まる5着以内を狙っていたが、レース中は「5着のところにいても、余裕や楽しい気持ちが芽生えてこなかった」と余裕がなかった展開を振り返った。予選通過ラインをレース前に確認しており「プラス狙いじゃないけれど、何人後ろに残っているかも分からないので、5着に近づけるように」「2組のレベルが高い中残れたのは良かったが、ラスト1周で余裕を残さなかったのは想定外」とも語った。

 この種目では2大会連続の決勝進出。「冷静になろうと思っていたが、表裏一体というか、単に意識しすぎることで硬くなってしまったり、タイムが守れずパニックになってしまうこともあるので、今日は『粘れ粘れ』と自分に言い聞かせていた。余裕がなくなった時に、粘れと言ってもねばろうとも思えなくなることがある。今日はそこがよかった」と収穫も挙げていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集