[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

高校&大学で日本一 やり投げ22歳武本紗栄、初出場初決勝は「マストの目標だった」【世界陸上】

オレゴン世界陸上は20日(日本時間21日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第6日が行われた。女子やり投げ予選では、日本記録保持者の北口榛花(JAL)が1投目に64メートル32をマークして一発で決勝進出。初出場の22歳・武本紗栄(佐賀スポ協)も全体11位の59メートル15で予選を通過した。日本勢11年ぶりのファイナル進出を2人同時に叶えた。

世界陸上、女子やり投げで決勝進出を決めた武本紗栄【写真:Getty Images】
世界陸上、女子やり投げで決勝進出を決めた武本紗栄【写真:Getty Images】

オレゴン世界陸上

 オレゴン世界陸上は20日(日本時間21日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第6日が行われた。女子やり投げ予選では、日本記録保持者の北口榛花(JAL)が1投目に64メートル32をマークして一発で決勝進出。初出場の22歳・武本紗栄(佐賀スポ協)も全体11位の59メートル15で予選を通過した。日本勢11年ぶりのファイナル進出を2人同時に叶えた。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 22歳の武本もやってのけた。1本目は57メートル10にとどまったが、2本目に59メートル15をマーク。3本目は54メートル51に終わったものの、世陸ファイナリストの肩書きを手にした。「やっぱり決勝に進むことがマストの目標だったので、ギリギリですけど、超えることできてほっとしている」と安堵の笑みを浮かべた。

「緊張すると思っていたけど、そこまで緊張せず、良い緊張感で楽しんでできた。練習の2投目もよかったので、調子は悪くなかった。感覚的にはすっぽ抜けて飛んでないなと思ったけど、落ち着いてやりました。日本の大会でも59メートル投げるときはあまり良くない感じ。今回もいいなという感じではなかったけど、58、59メートルは安定しているのでまずまずかなと思います」

 2学年上の北口は1投目でいきなり64メートル32。無条件で決勝進出となる62メートル50を超えた。試合前、武本は「頑張ろうね」と2人でグータッチ。同学年の上田百寧(ゼンリン)とも「楽しもうね」と健闘を誓い合って宿舎を出た。「一緒に戦っているんだな」と安心感を持って大舞台に臨んだ。

 尼崎高(兵庫)3年のインターハイ&国体、大体大4年のインカレで優勝。世代トップクラスを走ってきた22歳は、この春に大学を卒業したばかり。明るく染め上げた髪色は、国際大会でも存在感を放つ。運命の決勝は22日(同23日)。「ここで自己ベスト(62メートル39)を更新しないとダメ。世界と戦うにはそのくらいの記録じゃないとダメだと思うので、自己ベストを出したい」と全力を尽くす。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集